日焼け止めと下地を塗る順番は?基本の塗り方をマスターしよう!

コスメ

夏場の必須アイテム日焼け止め

ですが、メイクをする時に下地日焼け止めどちらを先に塗るか順番で悩んだことはありませんか?

下地と日焼け止めそれぞれ異なる役割があります。

それをきちんと理解した順番で使用するとそれぞれの良さが十分に発揮され、メイクの仕上がりや持ちもグンと良くなります!

ここでは日焼け止め・下地を塗る順番とそれぞれの効果を引き立たせる塗り方をわかりやすくお伝えしていきますので、ぜひ日々のメイクにお役立て下さいね。

スポンサーリンク

日焼け止めと下地を塗る順番

 

日焼け止めと下地って、本当はどっちが先でどっちが後なんだろう?

 

そのお悩みはこれを読めば解決しますよ♡

 

 

 

 

日焼け止めも化粧下地もファンデーションの下に塗るものなので、順番が曖昧になってしまいがちですよね。

けれどこの2つにはきちんと順番があります。

結論から言うと、日焼け止めが先。下地はその後です。

順番としては、洗顔後化粧水や乳液などで肌を整えてから日焼け止めを塗り、肌に馴染んでから下地を塗っていきます。

 

でも、ただ顔全体にササッと塗ればいいというわけではありません

正しくより効果的な塗り方で、メイクのノリもよくなり日焼け止めと下地それぞれの良さも発揮されます。

せっかく塗るなら、それぞれの良さや効果を出して綺麗な肌を維持したいですよね♡

 

それではここからポイントを抑えながら具体的な塗り方をお伝えします。

日焼け止めの塗り方

日焼け止めにはクリーム・乳液・ジェル・ローション・スプレーなどいろいろなタイプがありますが、ここではスプレータイプ以外の日焼け止めについてお話していきます。

 

洗顔後に化粧水と乳液でしっかりと保湿し肌を整えた後、下地を塗る前に日焼け止めを塗っていきます。

ここでポイントなのが、最初に手のひらに出す量は使用目安量の全量ではなく半量です。

この半量を額・鼻・両頬・あごに置き、ムラなく塗り伸ばしていきます。

その後、残りの半量を同じように丁寧に塗っていきます。

この時の目安量ですが、クリームタイプはパール粒2個分、乳液・ジェル・ローションタイプは1円硬貨大2個分です。

日焼けしやすい額・鼻・両頬は重ね付けすることをおすすめします。

 

日焼け止めは朝のスキンケアの一環として考えると自然に取り入れやすいと思います。

日焼け止めを塗る際は、化粧水や乳液などを付けた直後に塗るのではなく、化粧水や乳液などがきちんと肌に馴染んでから塗るようにしましょう。

そうすることで、化粧水や乳液と日焼け止めの成分が混ざり合うことなくそれぞれの効果が発揮されます。

 

化粧下地の塗り方

化粧下地は日焼け止めの後に塗りましょう。

と言うのも、下地は肌表面のデコボコや毛穴をなめらかに整えたりファンデーションの付きを良くして崩れにくくしてくれる働きがあるのです。

ですから、日焼け止めを含めたスキンケアの後に下地を塗っていく事になります。

 

下地を塗る時のポイントですが、下地は顔全体には塗りません

顔の中でも額・鼻・両頬など高さのある部位に塗っていきます。

毛穴など気になる部分は重ね付けしてもOKです。

これはファンデーションにも言える事ですが、下地もファンデーションも顔の中心をメインに塗り、外側にかけて薄く塗ります。

そうすることで厚塗り感がなく立体感も出て自然な印象になります。

 

小豆大を手のひらになじませ、中指で下地をとり頬などの顔の広い面からなじませ、残りを鼻とあごに少量つけます。

両頬は中指と薬指を使い頬の内側から外側に向けて数回で塗り広げていきましょう。

 

注意点としては、日焼け止めを塗った直後ではなくきちんと日焼け止めが肌になじんでから下地を塗るようにしてください。

日焼け止めを塗った直後に下地を重ねてしまうと、日焼け止めと下地の成分が混ざってしまいヨレやすく下地の効果も半減してしまいます。

日焼け止めがなじんだ後に適量下地をのばす事で、肌がなめらなになり日焼け止めの効果も維持できますよ!

 

メイク後に使える日焼け止め

日焼け止めは化粧下地の前とお伝えしましたが、中にはメイクの後に使える日焼け止めもあります。

それは、スプレータイプ・パウダータイプの日焼け止めです。

 

スプレータイプとパウダータイプの日焼け止めは、先ほど挙げた液状の日焼け止めよりも軽く、落ちやすくなっています。

そのため使用する場面としては、メイク直し時や数分程度の外出時などが適しています。

日焼け止めは最初に塗ってから2~3時間おきに塗り直すのが良いですが、メイク後はなかなか難しいですよね。

そんな時はスプレータイプやパウダータイプの日焼け止めをメイクの上からのせて紫外線をブロックしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

日焼け止めと下地を塗る順番で肌の美しさは決まると言ってもいいでしょう。

日焼け止めは日焼け止めの、下地は下地の働きをさせる事でよりメイクを引き立たせる事ができます。

 

この記事のポイント

 

  • 日焼け止め→下地 の順番で塗る
  • 日焼け止めで紫外線を予防し、下地で肌の表面をなめらかに整える
  • メイク直しの時は、上からパウダータイプもしくはスプレータイプの日焼け止めを使用する

 

 

日焼け止めと下地を正しく効果的に使い、この夏もお肌を労わりながらアクティブに過ごしましょう♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました