ラブレイン相関図をキャスト画像一覧で紹介!グンちゃん若くてビックリ!

ラブレイン

今回は、ラブレイン相関図をキャスト画像一覧でご紹介します。ラブレインは、女性に大人気の韓国のラブロマンスドラマです。そんなラブレインの魅力をキャスト相関図を使いながらお届け。

ラブレイン2人の主演キャストの他に、周りを彩る豪華キャストや時代背景の移り変わりにも注目です。それでは、ラブレインキャスト相関図を画像一覧で一緒にチェックしていきましょう。

 

ラブレインっていうドラマ、気になるワ〜。どうやって見れるのかしら?

 

それならいい方法があるわよ!

 

U-NEXT無料トライアル

韓流ドラマを見るなら

U-NEXT

無料トライアル登録をすれば見放題作品が31日間無料

↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑

最新映画も600ポイント分無料で見れます!

ラブレイン相関図をチェック!

ラブレインの相関図をキャスト画像でチェックする前に、ドラマのあらすじを少しだけご紹介します。ラブレインのストーリーは、1970年と2012年の2つの時代のロマンスが折り重なっているところがポイント。

 

1970年美大生のソ・イナは、清楚で美しい家政科のキム・ユニにたった3秒で恋に落ちます。2人は、想い合って恋人同士になりますが、ある事情から別れてしまい、別々の道を歩むことに。

 

時は流れて、2012年ひょんなことで2人は、再会しますが、それぞれ別々の人と結婚し、子供を授かっていました。ソ・イナには、ソ・ジュンというフォトグラファーをしている息子がおり、キム・ユニにも大学生のチョン・ハナという娘が。

 

そして、必然かのようにソ・ジュンとチョン・ハナは、北海道で出会い、両親と同じように恋に落ちてしまうのです。果たして、それぞれの恋はどう動いて行くのでしょうか。

スポンサーリンク

ラブレインキャストソ・イナ&ソ・ジュン役:チャングンソク

 

この投稿をInstagramで見る

 

やまちゃん(@yamachiyan4911)がシェアした投稿

ドラマ「ラブレイン」の主演を務めるのは、チャングンソクさん。1970年大学生のソ・イナと2012年のソ・イナの息子ソ・ジュンの2役を演じています。

6歳の時に芸能界入りし、子役モデルからスタート。1997年にテレビ番組デビューをしたことをきっかけに少しずつ名前が知られるようになりました。2006年に放送された「ファンジニ」で知名度を上げ、2009年の「美男ですね」というドラマで、韓国だけでなく、日本や各国で人気が上がりました。

 

1970年代のソ・イナを演じている時と2012年のソ・ジュンを演じている時の気持ちの移り変わりや感情の表現方法を変えながら、巧みに演じ分けているところに注目です。

 

ラブレインは、幅広い世代に人気のようね!

 

どちらの時代のチャングンソクさんもかっこ良くて素敵です!

ラブレインのドラマキャスト相関図キム・ユニ&チョン・ハナ役:ユナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

yumi(@yoona__yumi)がシェアした投稿

ラブレインのもう1人の主演は、少女時代のユナさんです。ユナさんは、1970年代のキム・ユニと2012年のチョン・ハナを演じています。キム・ユニの時は、清楚で清純なメイクやファッションが印象的。

 

そして、2012年のチョン・ハナの時は、かわいくて活発な雰囲気が印象的に残ります。ユナさんは、2007年に少女時代の一員としてデビューし、「少女時代の顔」と呼ばれている人物。

 

歌手としてだけでなく、女優としても色々なドラマに出演しています。自然体でかわいい容姿が、男女問わず大人気。そんなユナさんが演じる2役を支持する声が多く挙がっています。

 

 

確かにどちらもかわいい!

 

 

ユナさんは年齢関係なく愛される女性ね!

 

ラブレインキャストイ・ドンウク&イ・ソンホ役:キムシフ

 

この投稿をInstagramで見る

 

kymayk(@ayk0801kym)がシェアした投稿

1970年代のイ・ドンウクと2012年のイ・ソンホを演じるのは、キムシフさんです。元々は、歌手志望でしたが、俳優としての姿が知られています。優しくて柔らかい笑顔が大人気。

 

イ・ドンウクは、韓国大学の医大生で音楽喫茶の人気DJであり、プレイボーイです。ユニとの出会いが彼の人生を変えていきます。そして、イ・ソンホは、イ・ドンウクの息子。

 

彼もまたキム・ユニの娘であるハナと出会い、恋に落ちる人の1人であり、ドラマ内で彩りを加えてくれる大切な人物です。

 

 

チャングンソクさんもかっこいいけど、キムシフさんの魅力にも注目ね!

 

 

色々な魅力を兼ね備えた大注目の俳優さん!

 

ラブレイン他のキャストも魅力的!

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARU(@k_haru20)がシェアした投稿

ドラマ「ラブレイン」には、3人の他に魅力的なキャストさんが登場しています。その中で、ドラマの彩ってくれる2人のキャストさんと役柄をご紹介しましょう。

チャンモ役:ソイングク

 

この投稿をInstagramで見る

 

fdr(@alwayssmilebebe)がシェアした投稿

キム・チャンモは、韓国大学の法学科生であり、音楽喫茶で人気の歌手です。田舎から上京して、ソ・イナに頼りながら生活をしている状態。そんなキム・チャンモを演じるのが、人気の歌手であり、俳優でもあるソ・イングクさんです。

 

10歳の頃から歌手を夢見て学校の行事で積極的に演奏をしたり、大学も音楽学校に入学し、音楽の勉強を続けていました。2009年に出場したオーディション番組で優勝し、歌手デビューします。

そして、俳優としても「応答せよ1997」で旋風を巻き起こしました。

ペクへジョン役:ソンウンソ

 

この投稿をInstagramで見る

 

miho(@18811881o.m)がシェアした投稿

ペクへジョンは、キム・ユニと同じ家政科の大学生。お金持ちのお嬢様でソ・イナに思いを寄せているため積極的にアプローチします。ソ・イナは、キム・ユニと別れてから落胆していましたが、その時そばに居続けたのも、へジョンです。

後にソ・イナとへジョンは結婚し、ソ・ジュンが生まれますが、10歳の時に離婚してしまいます。ペクへジョンを演じたのは、ソンウンソさんです。まるでモデルのようなプロポーションで、色々なドラマに出演している女優さん。

 

どう?キャスト相関図を画像一覧で見るとますます見たくならない?

 

そうね。でもどうせなら無料で見たいわ〜。

 

そんなあなたにピッタリの動画サイトがあるのよ!

 

U-NEXT無料トライアル登録

韓流話題のドラマが1000本

U-NEXT

無料トライアル登録をすれば見放題作品が31日間無料

↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑

最新映画も600ポイント分無料で見れます!

 

ラブレイン相関図キャスト画像一覧のまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

aya.(@t_mama1115)がシェアした投稿

ラブレイン相関図をキャスト画像一覧を踏まえながらご紹介しましたが、ドラマの登場人物だけでなく、ストーリー自体もわかりやすく、2つの時代がくっきりと分けられて描かれているので、初めての方でも見やすいラブストーリになっています。

 

今から数年前に放送されたドラマではありますが、今見てもはまってしまうほど純粋で、キャスト1人1人の演技から目が離せません。ぜひ、無料サイトを利用しながら、ラブレインキャスト相関図と共に、時代背景の変化も楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました