日本語教師に資格はいる?初心者でもチャレンジできるノウハウ教えます

未分類

日本語教師という職に就くのに、いわゆる国家資格のようなものはいりません。

初心者でも目指せる仕事です。

しかし、やってみたいからとすぐに始められる職業でもないんです。

入国管理局が定める「日本語教育機関の告示基準」により、特定の条件が必要です。

資格はいらなくても、外国人に専門的に日本語を教える仕事。

それなりの専門知識や、学習する側にきちんと教えられるスキルも必要なんです。

初心者が日本語教師を目指すには、いくつかの方法があるので紹介します。

この仕事のメリット、デメリットも併せてまとめました。

日本語教師になるために必要な条件

1)大学または大学院で日本語教育主専攻または副専攻を修了していること

2)日本語教育能力試験に合格していること

3)学位を持ち、なおかつ文化庁が受理した420時間以上の日本語教師養成講座を修了していること

日本語教育を専門に学んでいない人は、2)か3)の条件を満たすことが必要です。

海外ボランティアなどはこれが全てではありません。

しかし、国内で日本語教師を目指すならこれらの条件は必須。

大学で日本語教育専攻

卒業後、新卒での日本語教師採用となります。

高校生以下で日本語教師になるのが夢なら、大学で学ぶことをおすすめします。

社会人でももちろん入学は可能。

時間はかかりますが、能力試験を受け続けるより確実です。

日本語教育能力試験に合格

働きながら日本語教師への転職を考えている人は、この試験に合格しなければなりません。

合格すると、大学での日本語教育を副専攻修了と同程度の知識があるとみなされます。

年齢や受験資格に制限はないので、誰でも受けることができます。

試験は毎年10月に実施。

しかし、合格率は約20%と決して簡単な試験ではありません。

日本語教育能力試験に合格するには?

日本語教師養成講座の受講

養成講座などのスクールへ通うのが一般的。

働きながら通えるように、スケジュールが調整できる学校もあります。

受講者の年齢も10代から60代と幅広いのが特徴。

主婦や家族の介護など、通うのが難しい場合は通信講座がおすすめです。

スクールも通信講座も、ご自身の都合に合う方法を選ぶことが大事。

先生がいることで、わからないポイントも教えてくれます。

講座やスクールのメリットは、効率よく学習できること。

また、専門知識に加えて、対面で日本語を教えるためのノウハウも学ぶことができます。

もちろん、独学で合格した人も中にはいます。

筆者もせんえつながらその1人。

では、次に独学で試験に合格するために、筆者が実践したことを紹介します。

独学

独学で学習するためにまず最初にやっておきたいこと。

①出題範囲や試験方式を把握する

②学習計画をしっかり立てる

③教材を揃える

  • 基礎固めとなる学習のベースにするための教科書がわりの参考書
  • 苦手だと感じた分野を補うための分野別参考書
  • 問題を解くことに慣れたり出題の傾向を知るための問題集(過去問)

日本語教育に初めて触れる人は、最初は理解しづらいこともあるかと思います。

すべてをガッチリ理解しながら学習を進めるのは難しい時もあります。

ある程度調べてもわからない時は、そのまま学習を進めましょう。

後に取り組む過去問や、日本語教育に多く触れることにより、わからなかったことが理解できることもあります。

過去問は、一通り学習が済んでから取り掛かる方がベスト。

誤回答によって自分の得意、不得意、試験の傾向などがわかります。

筆者は、誤回答を苦手分野と捉えて徹底的にやりました。

検定試験対策講座の受講

独学にプラスアルファで、合格にグーンと近づく方法がこの講座。

1人で学習するのは、難題にぶつかったりしてモチベーションが下がることも。

そんな時は、スクールが行う検定試験対策講座に参加するのがおすすめ。

養成講座を受けるより短期かつ安く済みますし、徹底した試験対策が受けられます。

スクールによって値段が違うので一概には言えませんが、試験直前対策にはうってつけです。

日本語教師のメリットデメリット

「わからない」が「わかった」という素敵な瞬間に立ち会えるのが日本語教師。

難しいと言われる日本語。

理解できた時の、生徒の輝いた顔を見ると心底幸せになりますし、やりがいも感じます。

しかし、もちろんいいことばかりではありません。

デメリット

  • 仕事量の多さ
  • 日本では非常勤講師がほとんど
  • 年上の生徒が多い

教えるだけではなく、テストの採点や行事、時には生徒の生活面もサポートすることも。

日本での日本語教師の割合は、正社員より非常勤講師が断然多いと言われています。

週に何回、何コマと割り当てられるので、時給制がほとんどです。

特に初心者はスキルがないため、非常勤講師としてスタートすることが多いんです。

仕事量の割に、給与が見合わないという声も多いのが現状。

福利厚生や雇用保険、有給休暇など確立されていない場合もあります。

メリット

  • 求人数が多い
  • 何歳からでもチャレンジできる
  • 自身の成長
  • 海外でも活躍できる

現在は、海外からの移住者や留学生などが増えて、日本語教師は常に不足しています。

生徒は自分とは生き方も考え方も違う人たち。

そんな違う世界で生きてきた生徒は、時には自分の先生にもなってくれる存在。

人に教えることで、今まで気づかなかったことを知ることもあります。

また、日本語教師は責任ある仕事。

いい授業にするために、自分自身もいろんなことに興味を持ち、吸収するようになります。

それらすべてが自分の成長につながっていくのです。

 

スクールだけではなく、小中学校でも必要とされることがある日本語教師の仕事。

学校の先生に憧れていた人なら、働きがいを感じられるでしょう。

また、海外でも需要の多い職業なので、世界で働きたい人向きです。

 

日本語教師に資格はいる?初心者でもチャレンジできるノウハウまとめ

日本語教師の資格の有無、初心者でも始められるノウハウについてまとめました。

日本語教育能力検定取得など、条件は厳しめです。

しかし、初心者でも何歳からでもチャレンジできるのは魅力ですね。

事実、シニアから日本語教師を始めた人もいます。

非常勤講師が多い、仕事量が多いなどデメリットもある日本語教師。

しかし、それ以上にやりがいもたくさん。

日本語教師は言葉だけではなく、日本の良さを伝える役割があると思います。

興味を持った人はぜひ一歩を踏み出して、世界中に日本の魅力を発信してほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました