スキンケア朝のお手入れ方法50代に知ってほしい基本はピンポイント

スキンケア

50代になって、朝のスキンケアはどんなお手入れ方法をしていますか?

女性の50代は、男性と違い大きなターニングポイントです。

それは閉経を迎える女性も多くなって、女性ホルモンの分泌がグッと減少するから。

今までは女性ホルモンに守られていた肌も、急に衰えを感じだすのが50代なんです。

時間のない朝は、ついスキンケアを軽く済ませてしまっていませんか?

閉経をを迎える50代こそ、しっかりお手入れしてほしい。

1日潤いのあるお肌で過ごすためにも、朝のスキンケアはとても大事なんです。

では、50代の女性におすすめしたい基本のお手入れ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

スキンケア朝のお手入れ方法50代に意識してほしいこと

女性ホルモンが守ってくれていたもの。

それが「うなはだけ」なのだそう。

るおい

めらか

んりょく(弾力)

っしょく(血色)

40代の頃、なんとなく気になっていたシワやくすみ。

50代になるとさらに目立つようになりますよね。

残念ながら、お肌を若返らせることはできません。

それなら、今の状態をキープさせる努力をしたいですね。

朝のスキンケアのステップ

プロの美容家おすすめの朝のお手入れの手順を紹介します。

①洗顔

②ブースター

③化粧水

④美容液

⑤クリーム

⑥アイクリーム

ステップ①洗顔

水分量が減ってくる50代に必要なのは潤いの残る洗顔料や石鹸がおすすめ。

それには、汚れはしっかり落とす、でも潤いを落としすぎないことが大事。

ニキビ用などの薬用は避けて、潤いを残すものがいいですね。

フェイシャルスポンジや、泡だてネットなどを使って優しく洗いましょう。

ゴシゴシは厳禁です!

ステップ②ブースター

ブースターとは導入美容液のことを言います。

意味は「引き上げる」「押し上げる」

肌のツヤの元となる50代には欠かせないもの。

なので、スキンケアの1番最初に使うことが重要なんです。

その後の化粧水の浸透に、より効果が期待できますよ。

このブースターを1つ取れ入れるだけで、肌の違いが実感できるはず。

コットンにたっぷり浸して、優しくタップがコツです。

ステップ③化粧水

アルコールやエタノールが入っているものは、50代は避けてほしい成分。

コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタなどの保湿効果の高いものを選んでください。

手のひらで丁寧に押し込むことが、肌に刺激があたらずおすすめ。

手のひらの温かみや油分で、さらに肌になじみやすくなります。

コットンを使う場合は、たっぷり浸して優しくタッピングしてくださいね。

ステップ④美容液

美容液は、肌の悩みに合った有効成分が入ったものを。

シミやシワ、くすみ、ハリなど…。

化粧水をコットンで使用する方は、ぜひ同じコットンを使ってください。

潤いの肌への浸透力が全然違ってきますよ。

ステップ⑤クリーム

朝クリームをすると、メイクがヨレるからイヤだという方もいるかもしれません。

美容家の方いわく、肌の潤いを保つためにはした方がいいそう

肌のバリア機能が衰えてくる50代では、補ってあげる必要があるんです。

プロの方は多めの量を丁寧に重ね付けします。

肌と一体化させるようになじませることで、メイクのヨレる心配はなくなります。

 

①〜⑤のステップでの肌へののせ方おでこ→目のまわり→頬→鼻→口まわり→あご→あごまわり→耳の後ろ→首

 

ステップ⑥アイクリーム

アイクリームは米粒3くらいが目安。

ふっくらさせたい下まぶたに、幅広く優しく伸ばしてください。

指に残ったクリームをそのまま上まぶたへ。

こちらもメイクのヨレに繋がるので、しっかりなじませることが大事です。

スポンサーリンク

 

スキンケア朝のお手入れ方法50代まとめ

50代のスキンケアは1に保湿、2に保湿です。

乾燥させることが、ほぼすべての肌悩みの元。

朝のお手入れで、その日の肌の調子が断然良くなるなら頑張りがいもありますよね。

年齢によってスキンケアを変えることは、若々しい肌への持続のために大事なこと。

もう年だからと諦めないで、肌のために出来ることをしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました