流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ・相関図・感想・配信まとめ

流れ星
スポンサーリンク

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ、キャスト相関図感想・配信情報をまとめ紹介。韓国ドラマ《流れ星》は、空の星のようなスターたちの裏で彼らを輝かせるために血と汗と涙を流す人たちのリアルな現場を描いたラブコメとなむています。

イソンギョンとキムヨンデ出演の流れ星は、スタジオドラゴン製作のドラマということで期待のラブコメ!

流れ星のネタバレ あらすじとキャスト相関図や感想から配信情報もお伝えしていきます。

流れ星独占配信中!全話無料見放題!

U-NEXT無料トライアル

韓流ドラマを見るなら

 

U-NEXT

 

テレビでもパソコンでもスマホでもどこにいても見れる!!

 

通勤中に待ち合わせの合間に、いつでも見たい時に見れる!!

 

しかも最初の31日間は無料だよ!

 

無料トライアル登録をすれば見放題作品が31日間無料

↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑

最新映画も600ポイント分無料で見れます!

 
  1. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレまとめ
    1. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 1話
    2. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 2話
    3. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 3話
    4. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 4話
    5. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 5話
    6. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 6話
    7. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 7話
    8. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 8話
    9. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 9話
    10. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 10話
    11. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 11話
    12. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 12話
    13. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 13話
    14. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 14話
    15. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 15話
    16. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 最終回 16話
  2. 流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト感想まとめ
    1. 流れ星 韓国 ドラマ 相関 図
    2. 流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト オ・ハンビョル役 | イ・ソンギョン
    3. 流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト コン・テソン役 | キム・ヨンデ
    4. 流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト カン・ユソン役 | ユン・ジョンフン
    5. 流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト ト・スヒョク役 | イ・ジョンシン(CNBLUE)
    6. 流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト  パク・ホヨン役 | キム・ユンへ
    7. 流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト チョ・キブン役 | パク・ソジン
  3. 流れ星 韓国 ドラマ 配信まとめ
    1. 流れ星 韓国 ドラマ 配信!U-NEXT独占の無料見放題
    2. 流れ星 韓国 ドラマ 配信!U-NEXTの特徴
  4. 流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ!キャスト相関図感想・配信まとめ
スポンサーリンク

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレまとめ

韓国ドラマ 《流れ星》のアラスカネタバレを1話ずつお伝えします。

芸能人、スターの芸能事務所のマネジメント広報チーム長と、完全無欠のトップスターでドSキャラ全開のスターの愛憎に満ちたラブコメ。

韓国芸能界を覗き見できているような?スターを裏側で支える人たちの血と汗と涙を描く物語となっています。

韓国ドラマ好き、韓国芸能、アイドル好きもきっと好きなハマるドラマになっていますよー!!

 


流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 1話

画像

 

韓国ドラマ《流れ星》のネタバレ あらすじ1話

スターフォースエンターテインメントの広報チーム長オ・ハンビョル(イ・ソンギョン)は、所属アーティストの広報管理のチーム長として24時間忙しい毎日を送っていました。

ハンビョルは意を決して久しぶりにソゲッティング(紹介)へ。

相手の男性が気になるハンビョル、しかし‥そこに会社から電話。、

所属俳優の熱愛スキャンダルの報告が来てしまい、結果ハンビョルは、慌てて会社へ戻ることに。

熱愛スキャンダルを解決して、疲れ果てながら自宅に戻るハンビョル。

自分の恋愛もろくにできない、他人の恋愛の後始末ばかりしている自分に嘆くハンビョルでした。

 

スターフォースエンタの看板俳優コン・テソン(キム・ヨンデ)は、アフリカでボランティア活動をしていました。

韓国へ帰国する予定のテソンに、ボランティア団体のチーム長は、韓国へ戻ったら誰に一番に会いたい?と聞くと、テソンはハンビョルを思い出していました。

 


ハンビョルは、親友でオンスター日報の記者チェ・キプム(ソジン / Girl’s Day)と一緒にランチをしながら、昨夜の紹介がダメになったこと、いつになったら自分が普通に恋愛できるのかと愚痴っていました。

 

スターフォースエンタの顧問弁護士を務めるト・スヒョク(イ・ジョンシン / CNBLUE)は、会議の場でしっかりと自分は会社の顧問弁護士で個人の弁護をするつもりはないこと、午後6時以降は連絡に応じない、とはっきりと言い切ります。

そんなスヒョクを見てハンビョルは関心していました。

 

ハンビョルとマネジメント第1チーム長のカン・ユソン(ユン・ジョンフン)、、第2チーム長パク・ホヨン(キム・ユネ)は、健康診断のために病院へ。

しかし、ユソン、ホヨンと次々に緊急呼び出しがかかり、結果ハンビョルだけが健康診断を受けることに、ハンビョルが胃カメラの麻酔から目を覚ますとテソンに対するスキャンダルが!!

慌てて病院服のまま会社に戻るハンギョル。

ハンビョルは、不安がる部下たちに、

「大丈夫、コン・テソンはそんな人じゃない」とはっきり言い切ります。

テソンのスキャンダルは、誤解であったことがすぐわかり解決。

ハンビョルは、今日も忙しい一日をやっと終えて家に帰ります。

 

そして、ゴミ箱に捨てられたテソンとの写真。

ハンビョルは、写真を見ながら過去を振り返ります。

携帯には、“コン・テソン カムバック D-6”という文字、

「時間が過ぎるのは本当に早い…。」とハンビョルが呟きます。

 

翌日、会社で後輩に何か辛いことがあればいつでも相談してねと優しく声をかけると、

ハンビョルの後ろには、まだ帰国していないはずのテソンが立っていました。

テソンを見てびっくりするハンビョルに、テソンは、ハンビョルの耳元で笑みを浮かべながらなにかを囁きます。

 

オタクの共感度100000000のドラマ。芸能界の裏を全部見てしまいそうで怖いwww違う意味で刺さりまくったしんどいwwww熱愛説とかもうみんなこうなってるのかなとか思うと(笑)ここに絶対実話あるよなwwww一番可哀想なのは間違いなく事務所だけどwwwwww #流れ星

 

流れ星 韓国ドラマ 感想口コミ評判は?キムヨンデとイソンギョンのケミ最高
流れ星 韓国ドラマ 感想口コミ評判についてお伝えします。流れ星キャストのキムヨンデとイソンギョンのケミ最高な今回のドラマ。 韓国ドラマといえばやはりラブコメ!王道ラブコメが見たい人におすすめのドラマになっています。 韓国ドラマを...

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 2話

画像

 

韓国ドラマ《流れ星》ネタバレ あらすじ 2話

 

テソンが予定よりも3日も早く韓国へ帰国。

ハンビョルは、テソン復帰記者会見の際にカメラのフラッシュに思わずふらつ帰国、ハンビョルはテソンを心配そうに見つめます。

その日の夜、ハンビョルの夢には、ズボンのチャックを下ろそうとするテソンの姿が???

 


翌日、出社したハンビョルを待っていたのは、テソンでした。

テソンは、隣で事あるごとに小言をハンビョルにいい、ハンビョルをイライラさせます。

新人チーム員のホン・ボインがミスをし、ハンビョルが叱ろうとした瞬間、テソンが何かを言いかけます。

それを慌てて止めに入るハンビョル、テソンをそのまま屋上へ連れて行きます。

 

ハンビョルがまだ新人だった頃にハンビョルもミスをしたことがありました。その内容は、誤ってテソンのデリケートな部分に関する誤報記事を投稿してしまったことでした。

そしてそれ以来テソンのハンビョルへのいじめが始まったのでした。


そんな中、テソンの復帰作について会議を行い、代表理事から意見を聞かれたハンビョルは、大人気作家シン・ユンヒの作品を勧めました。

しかし、テソンは出演を拒否するのでした。

テソンが作家のオファーを断ったことがすぐに広まり、他の俳優のマネージャーたちがシン作家へ熱烈なラブコールを送り始めした。

テソンの代わりに誰が役を取れるのか、し烈な争いが繰り広げます。

 

そんなことを知らないテソンは、自宅でシン作家の新作「星たちの世界」の台本を見つけ、なぜハンビョルがなぜこの作品を勧めてきたのか?気になり始め、ハンビョルに連絡をします。

ハンビョルは、《テソンがどんな演技を見せるか気になったから》と答えます。

ハンビョルの言葉にテソンは背中を押されたように出演を検討し始めます。

 


星たちの世界のヒロイン役として、同じ事務所の女優ペク・ダヘが抜擢されます。

実は、ユソンがダヘをキャスティングさせる為に、作家へ直筆の手紙を書いていました。

まだ、テソンの家のいたるところに台本を置き、テソンの目につくようにしたいのでした。

ユソンの影の努力により、テソンは「星たちの世界」への出演が決まりました。

 


ユソンに感化され、ホヨンは、第2のコン・テソンを発掘に地方へ!

しかし、なかなかいい人材にはあえず、途方にくれていると、ある店の前に集まる若い女性たちを見つけます。その前には、黙々と料理を作るイケメンを発見!

 

ハンビョルは翌朝、出勤途中にソンの広告パネルが破損して割れているのを見つけます。ちょっと嬉しそうならハンビョル。

この広告の事故は、テソンのマネージャーが犯人でした。

理由は、自分には終始冷たいテソンがポスターでは笑顔を浮かべていることが気に入らず、思わず車で衝突したということでした。

マネージャーを新しく探すことになったユソン。

マネージャー探しに困っていると、目の前に軍隊で救急車の運転をしていた新人のジョンヨルが。

 

ハンビョルは、毎日会社に来て自分の邪魔をするテソンに向かって、いい加減にして欲しいと告げる。

業務妨害だと訴えるハンビョルにテソンは、

「俺をアフリカへ送っておいて、せいせいしたか?」と聞きます。

 

テソンは、実は、アフリカ生活の間ずっとずっとハンビョルからの連絡を待っていたのでした(エピローグより)

 

そして、なんとテソンとハンビョルが学生時代に付き合っていたいうネットの書き込みが‥

 

流れ星独占配信中!全話無料見放題!

U-NEXT無料トライアル

韓流ドラマを見るなら

 

U-NEXT

 

テレビでもパソコンでもスマホでもどこにいても見れる!!

 

通勤中に待ち合わせの合間に、いつでも見たい時に見れる!!

 

しかも最初の31日間は無料だよ!

 

無料トライアル登録をすれば見放題作品が31日間無料

↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑

最新映画も600ポイント分無料で見れます!

 

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 3話

流れ星ネタバレ あらすじ3話

ハンビョルがテソンの元カノだという投稿に広報チームのメンバーたちは、テソンがハンビョルに未練があるから毎日会社に来てるわけ?わざと仲の悪いふりをしてるのねと噂していました。

「じゃあ、なぜテソンさんをアフリカに行かせたの?」とチームのメンバーが噂をしていました。

そんな中、テソンにハンビョルに、「アフリカに行かせた感想は?」

ハンビョルは「自分で行くと言ったくせに」と答えると、

テソンは、「だから連絡しなかったのか?答えろよ」

ハンビョルは、「個人的に連絡するような仲じゃないでしょ」と答えました。

テソンは少し落ち込んだ気もしますが、

「そうだな。連絡が来ても無視したさ」

と言い返して帰っていきました。

 

ハンビョルは、テソンとの記事を見せられ、驚きますがら既に削除されていることを知り、

「また写真がアップされたら報告して。載せた奴を殺してやる。テソンが現れてからうまくいかない」とテソンに振り回されて散々なようでした。


テソンが帰ろうとすると俳優のジュノが現れた、

「実はもうすぐ死ぬんだ」と言われ倒れてしまいます。

ホヨンに運ばれ、

テソンはマネージャーから「”涙が出る”。見ていないんですね。最近人気のドラマです。ジュノさんが役に入り込みすぎてカゲロウを見ても泣くんです」

とジュノが役に入り込んでいること知ります。

ジュノは後日撮影でカットがかかるがそのまま車椅子に座り込んだまま、意識を失って倒れ、病院に運ばれます。

「過労と栄養失調です。数日入院すれば良くなります」で倒れたということでした。

 


翌日、会議で「CMと海外プロモーションは?」と言われたホヨンはジフンについて、「数日休めば復帰できると。スケジュールを調整します」と答え、

「次の作品はくれぐれも健康で明るい役を選べ」

「お前らもしっかり俳優をケアしろよ。この際、メンタルケアを推進しようじゃないか。俳優、社員、インターンもだ」と会社のメンタルヘルスケアの調査をハンビョルに指示します。

 

ホヨンはクッパ店のシドクの元へ再度行き、

「俳優の件は考えてみた?」と聞きますが、

「俳優なんて無理です」と断れてしまっていました。

ホヨンは理事に手さんのスカウトの時の話を聞きます。

テソンのスカウトについて話していく理事ですが、肝心なところは企業秘密で教えてくれませんでしたが、

「そんなテソンがどうして今、俺と一緒に働いてると思う?それは企業秘密だ。重要なのは本人のやりたい気持ちだ。強制的にやらせる仕事じゃないだろ?」

と教えてくれました。

 


ハンビョルがデスクに戻ると、テソンの椅子で寝るジョンヨルの姿が。

ジョンヨルは、「あのチーム長」と話を切り、

ストレス検査をテソンに持っていったが、

「やらない。ハンビョルの指示は全部断る。そう伝えろ」

と断られてしまったと伝えます。

ハンビョルは自分で解決すると伝え、テソンに電話をしますが、無視されてしまうのでした。

 

ハンビョルはホヨンとキプムと飲みに。

ストレス指数の話になり、ハンビョルは、キプムに「テソンはどう?」と聞かれ、

「あいつの話はやめて。自分勝手なんだから10%未満でしょ。肩も凝らないでしょうね」と答え、

テソンに「テストに回答してよ」と送ったが既読にならないことを見ます。

 

ハンビョルはホヨンにスカウトについて聞くと

「諦めようと思います。ジュノさんが倒れてから色々考えちゃって。引き込まない方がいいかなと思って。楽な世界じゃないですから」と話します。

 

その頃、ユソンはオーディションに落ちたジェヒョンの愚痴を聞いていました。

「やめた方がいいのかも」と言うジェヒョンに、

「君のせいじゃないよ。今も十分頑張ってる。僕のせいだ」とユソンは励まし、

ユソンはデスからこんなことを聞きます。

「ジェヒョンが可哀想だな。急に天下りが入ってきたせいで。出資者の甥らしいぞ。ユナと共演することになって今から心配だよ」と初耳。

そしてその天下りの甥の姿が…

 


 

翌日、ハンビョルはまだテソンから返答がなく、イライラしていたので仕事中でしたがストレス発散に1人で昼間の映画館で貸切状態で映画を見ようとしたら、突然横にテソンが現れます。

ハンビョルは、「電話には出ないで、映画を見に来たわけ?」と聞くと、

テソンにシーっと指を口の前に立てられてしまいます。

この行動、実は学生時代にも同じ出来事があったことをハンビョルは思い出しました。

そしてまたハンビョルとテソンは、アフリカに行くことになったことについて言い合いになり、

結果、誰のせいでアフリカに行くことになったかイグゥアンに聞きます。

なぜ、アフリカに行くことになったの振り返ります。

新作会見で怪我した中指をフォトタイムの写真で立ててしまいます。

テソンがイライラしていると、マネージャーのユソンはお腹を下し突然トイレに行ってしまいます。

テソンはライバル俳優のジュヒョンが「アフリカに行きたい」という記事を見つけ、

親友のユヌからも

「アフリカのボランティアに行きたい。一緒に行こう」

と誘われていたことを思い出していました。

 


テソンは近くにいたハンビョルに

「アフリカでボランティアできるかな?」と聞き、

ハンビョルに「落ち着いて。あなたの顔にはボランティアという単語が全く似合わない」と言われ、

テソンは、「行けないとでも?行くと決まれば十分行けるさ。俺はアフリカに行くぞ」と叫びながら記者がいるドアを大きく開けてしまいます。

そしてテソンのアフリカ行きが突然決まったのでした。

 

この話についてハンビョルは

「誰のせいだと思う?」とグィノンに聞きます。

「だから、悪かったのは…」とグィノンが話すと、

ユソンが現れ「僕のせいだ。腹をくだしてトイレに行った僕のせいだ。楽屋の位置を教えず、トイレに行ったせいだ。マネージャー失格だ」と自分が体調を崩してテソンの行動について説明し謝ります。

 

テソンは「俺なら大丈夫だ」とユソンを慰め、ハンビョルも「そうよ。勘違いしたこのバカのせいよ」と言うと

「なんだと?喧嘩を売ってるのか?」とテソンも言い返し、再び喧嘩になっていきます。

 

 

自宅に帰ったテソンが「伝説の女優ウン・シウ離婚」の記事を見て、動揺をしているとハンビョルから電話が。

ストレス検査を早くやって欲しいと言う電話でした。

 

「またその話か」と言うテソンに、

「そうよね。あなたにストレスがわかるわけないわよね」とハンビョル言われ、テソンは腹を立て「何を言ってるんだ。お前よりは多い。賭けるか?」と言い返し、

ハンビョルも「いいわ。勝ったら黙って要求に従うのよ」と賭けになることになり、

「俺が勝ったらお前は減俸3ヶ月だ」とテソンに言われてしまいます。

 

 

ホヨンは、「俳優になったことを後悔してませんか?」と自分がスカウトしたジュノに聞いて見ると、

「スカウトしなかったら幸せだったでしょうか?」と聞かれたジュノは

「後悔したことはない。俳優になってよかった。毎回違う人になれるから楽しいんだ。道を開いてくれた君もいるし、それからすごく余裕のある残高もあるじゃないか」

と楽しそうに答え、ホヨンは何かを感じクッパ屋へ向かいます。

ホヨンは、シドクへの誘いを続け、シドクはホヨンの誘いを受けることになりました。

 

翌日、ハンビョルはユソンから「ジェヒョンも星たちの世界に出る」と聞かされます。

実はユソンは、天下りの甥が酒癖が悪い聞き、わざと一緒に酒を飲み、わざと殴られるように仕向けてましたね。

そして案の定、甥はユソンを殴り降板すことになりユソンの作戦は成功!

 

ハンビョルたちはテソンのサイン会に行き、

サイン会の途中にテソンのストレス検査の結果を目にしたハンビョルは、テソンのストレス結果が100%という数値に驚きます。

そして、ハンビョルはホヨンがジュノとドンジュンが90%で倒れたと聞いたことを思い出し、テソンの心配をします。

そして、サイン会が終わりテソンがステージを降りようとすると…

 

流れ星 韓ドラ 配信!Netflixいつ?イソンギョン出演の話題ドラマ
流れ星 館ドラ 配信について、Netflix配信はいつ?ドラマを視聴できるサイトはあるの?日本放送予定など、流れ星を見る方法をまとめました。 また館ドラ流れ星のキャストも一緒に紹介! イソンギョンとキムヨンデが共演! 館ドラを...
流れ星 韓国ドラマ 感想口コミ評判は?キムヨンデとイソンギョンのケミ最高
流れ星 韓国ドラマ 感想口コミ評判についてお伝えします。流れ星キャストのキムヨンデとイソンギョンのケミ最高な今回のドラマ。 韓国ドラマといえばやはりラブコメ!王道ラブコメが見たい人におすすめのドラマになっています。 韓国ドラマを...

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 4話

流れ星ネタバレ あらすじ4話

ハンビョルは、テソンが倒れそうになり、助けに行くがそのまま自分が転んでしまいネットニュースで話題になってしまう。

「テソンのサイン会に乱入したスライディング女」動画がネットに投稿までされていました。

別の日にテソンの撮影現場にハンビョルがいくと、

テソンはハンビョルをからかうために

「最近話題のポーズがあるらしいんですが、見てみますか?」

とカメラマンに向かって、ハンビョルを真似したポーズをしてからかう。

撮影後、ハンビョルはテソンからストレス検査の結果を渡される。

「100%なんてありえない。捏造じゃ?」とハンビョルが言うと、

「お前に勝つためか?減俸3ヶ月だからな」とテソンに言われてしまう。

その後、ハンビョルはユソンに

「カウンセリングは受けないって?ストレス指数100%は気になるわ」とテソンを心配し話す。

「今は撮影に集中したいとさ」とユソンに言われ、

「そう言うと思った。指数はその時の調子によって違う時もあるし、すぐに問題にならないけど、カウンセリングは受けた方がいいわ」と言ユソンにてそテソンのケアを頼む。

 

ハンビョルはユソンに

「それからシウのことだけど、何も言わなかったけど大丈夫かしら?」

聞き、「時間が過ぎたからそう願うしかない。クォンさんがまたきてくれるって」とユソンに言われます。

 

後日、撮影現場ではジェヒョンとユナのせいで上手く撮影が進んでいなかった、

しかしユソンは出張行くことになっていたため、ジョンヨルに電話で

「出張に行ってる間、問題を起こすなよ」と伝え出張へ。

 

撮影現場では、テソンが車に戻るとジョンヨルが車にパンツを干していました。

テソンは大激怒。

「このバカ。そこに干したらみんなが見るだろ。何を考えてる。死にたいのか?今すぐ退かせ」とジョンヨルに怒りら

ユソンに電話し、

「いくら考えても正気とは思えない。なぜ頼んでもない洗濯をするんだ。ジョンヨルだよ。これが俳優のケアか?下着を干してるんだぞ」

とテソンは怒鳴り、撮影をボイコット。

 

 

ユソンはハンビョルに助けをお願いすことに。

ユソンからお願いされたハンビョルは広報チームメンバーたちと買い出しに行く。

テソンの映っているお菓子や飲み物を買い占め、テソンのいる現場にコーヒーワゴンを引き連れ行く。

 

そして、現場でテソンのお菓子や飲み物をスタッフに配り、テソンはハンビョルの姿を見て機嫌が治ってきた。

そして、「オ・チーム長からです」とお菓子の詰まった箱を渡され、テソンは機嫌を直し、撮影再開へ。

 

撮影が終わるとテソンは、ハンビョルの様子を見にコーヒーワゴンを手伝っていたハンビョルの元へ。

二人でコーヒーワゴンでサービスをし、老夫婦にゆず茶を作る。ら

ゆず茶を持って歩き出した老夫婦のおじいさんが突然倒れてしまう。

 

倒れたおじいさんの元にジョンヨルが飛んできて、

テソンに「車から黒いリュックを」と指示し、手際よく心臓マッサージをする。

そしてジョンヨルはカバンからAEDを取るようにいい、心肺蘇生することに。

 

その後、おじいさんは一名を取り留め、テソンは、あの時なぜAEDを持っていたのか聞くと、

テソンは「見事な処置だったな。クビになっても食っていける。なぜリュックにAEDを?」と聞くと

撮影中のもしもの時のために備えていたとテソンは知り、ジョンヨルのことを見直した。

その後、ユソンから電話を受けたテソンは、ジョンヨルのことについて

「クビにしなくていいよ。記事にもなったのにクビにしたらイメージに良くないから様子を見る」と伝えます。

 

 

週末、ハンビョルはカフェで過ごしているとスヒョクが目の前を通り二人はお茶をすることに。

ハンビョルは「私を見ると疲れますよね」

スヒョクは「電話に出なければいいのでは?」と聞くと

ハンビョルは「そうしたいんですが、その一瞬で何かを逃すかもと思ってしまって」と答えるのでした。

 

 

後日、スヒョクは事務所でとハンビョルとテソンの噂を耳にする。

スヒョクはハンビョルを見つけ、

「質問があります。テソンさんと付き合ってますか?」と質問する。

 

ハンビョルに

「私が?どうかしたんですか?訴えられたいんですね」と言われる。

スヒョクは「いい弁護士を紹介しましょうか。僕です」と言い、2人は笑顔に。

その様子をテソンは目撃していました。

 

スポンサーリンク

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 5話

韓国ドラマ《流れ星》5話ネタバレ あらすじはこちらです。

 

ハンビョルは、スヒョクから「テソンさんと付き合ってますか?」と聞かれる。

「頭は大丈夫ですか?訴えられたいんですね」と答え、

それを見ていたテソンは、

「オ・チーム長。相談に乗ってください。随分と探しましたよ」とハンビョルの肩を抱き寄せる

スヒョクに、「こんにちは。コン・テソンです」と挨拶。

スヒョクも、「やっとお会いできた。ト・スヒョクです」といい握手。

テソンはハンビョルに耳打ちして去っていく。

 

翌日、テソンはトレーニングをしながらもハンビョルの言葉にイライラ。

ハンビョルはテソンに「嬉しそうだな。減俸は来月からだっけ。給料が欲しいなら速攻でロケ現場に来い」と言われていたことを思い出す。

その頃、キプムはユジンのインタビューをする。

ユジンは「噂通りの美人だ」いい、インタビューを終えると「キプムさん。番号を教えてください」と電話番号を交換。

 

その頃、撮影直前に、ジェヒョンは髪を切ってきてしまい、ユナは服を着替えないといい始め、ユソンとデスが困っていました。

ユソンはハンビョルに相談、「帽子を被せたら?」とアドバイス。

デスも相談したが、解決できず。

テソンが現場入りし、ハンビョルを見て、満足そうに控室へ。

撮影が始まるが、ハンビョルは広報の仕事で電話や仕事でテソンの撮影を見ていなかった。

テソンは「もう帰れ」と告げ、

ハンビョルは「そう?自分で言ったからね」と言いあっさり帰っていく。

 

 

翌日、ダヘは先輩で憧れのテソンと初撮影にドキドキ。

テソンは周囲を見回しハンビョルを探してキョロキョロ。

しかし、ハンビョルの姿はなく「ハンビョル、まじで来ないつもりか」とイライラ。

その頃、所属俳優の最新のゴシップ報道が‥記事はすぐに削除されました。

 

翌日の会議でハンビョルは、

「サイトではすぐ削除されました。でも安心はできません。被害者は3名です。早急に事実確認が必要かと。1人目はチャン・ソグ」に、3股の噂があり、

ハンビョルは

「即破局はダメよ。デマを認めることになる。仲のいい様子をアピールしていきます」

ジフンは

「ソグが外出しようとしたら、全力で阻止しろ」とホヨンに指示。

 

ハンビョルが「2人目はペク・ダヘです」というと、麻薬中毒の噂があると。

ユソンは

「デタラメですよ。ダヘが麻薬なんて」と否定。

ハンビョルは「噂をたどって厳しい措置を取るべきかと」と発言。

 

そしてハンビョルが「最後です」と言いテソンの江南のクラブで目撃情報と言う噂については、

ユソンに「復帰目前だからでしょう」と言われたハンビョルは「これも確認して措置をとります」と言う。

スヒョクに「先生、今回は迅速な対応が必要なんです」と頼む。

スヒョクは「はい、我々も迅速に検討します。事実確認が終わり次第ご連絡を。時間外でも結構です」と答え、

時間外に仕事をしないスヒョクだったのに、時間外でも結構と答えたらことに周りは少し驚く。

プムの元にユジンから

「キプムさん。眠くなる時間ですね。僕を見て笑顔になって」とメッセージと写真が届く。

キプムは「どうかしてるわ」と言い、無視。

 

ハンビョルは噂の出所を調査、

ユソンはテソンとダヘに確認の電話をして、虚偽の噂だと確認する。

翌日、ハンビョルは大学の講義に出ることに。

 

その頃、テソンの家に向かったジョンヨルは

「有能だそうです。仕事が速くて正確で、人気投票1位のユソンさんを脅かす存在だと。セクシーで知的な魅力が人気の理由だそうです。それにかなりのお金持ちらしいです」

とスヒョクの情報をてテソンに報告。

 

テソンの自宅のチャイムが鳴り、出てみるとそこにはスヒョクが。

「隣に越してきまして」と言われたテソンは挨拶を交わします。

 

ハンビョルは講義を終えて教授と話をしていると

「数日前、掃除をしてて見つけたの。こんなものが出てきたわ」と、

テソンとハートマークを作った表紙の広報誌を見せられた。

 

ハンビョルは

「このせいでカップルだと誤解されたんです。思い出したくもない。捨ててもいいですか?」と聞くと

「付き合ってなかったの?おかしいわね。あの時、テソンが」と話しだす。

テソンは

「広報誌を廃棄してください。彼女は広報誌のせいで苦しんでます。廃棄と作り直す費用は僕が負担します。僕がモデルになってもいい。卒業後も」

と教授に実はお願いしに来ていたのです。

 

キプムと会ったハンビョルは

「自分勝手だと思ってた人がいたのよ。昔の話なんだけど、その人が私のことを庇ってくれてたらしいの。でも私のためにそこまでする人じゃない。どう思う?」と聞くと

「本当にそうなら好きだったのかも」と言われ、

すぐにハンビョルは、「それは絶対ない」と否定し、

「自分勝手な人と思いたいだけじゃないの?」と言われます。

 

その時、テソンから

「お宝はここにある。一生光栄に思え」と広報誌の写真が。

ハンビョルはさらにイライラ。

 

後日、ハンビョルはテソンと会うと

「少しは恩を売りなさいよ。広報誌の話を聞いたわ。遅くなったけど、ありがとう」と伝え、テソンは笑みを浮かべます。

テソンは撮影を控え室で待っているところに、

海外メディア取材の質問内容の確認をジョンヨルが持ってきますが、ハンビョル頼むように言う。ハンビョルならなんでも知ってると言い、ハンビョルに任せる。

ハンビョルはアンケートの中に答えがわからない質問があり、直接テソンの元へ聞きに行く。

 

「3問だけわからないの」と聞くと、

眠そうなテソンは「面倒だから早く言ってくれ」、

2つの質問の答えを聞いたあと、テソンの眠気は限界。

ハンビョルは質問を続け、

「人生で一番ドラマチックだった瞬間。この中から選んで。大学を卒業した時、映画の大ヒット新人賞受賞、アフリカに行った時」と聞くと、

 

テソンは寝ぼけながら

「不思議だな。全ての瞬間にお前がいた。ずっとそばにいろ。どこにも行くな」

と突然言い、テソンはハンビョルの肩で寝てしまいました。

 

31日間無料で1000を超える韓ドラが見れますよ!

↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑

新作映画や新刊漫画も600ポイント分無料で見れる!

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 6話

韓国ドラマ《流れ星》6話ネタバレ あらすじはこちらです。

 

テソンに「全ての瞬間にお前がいた。ずっとそばにいろ。どこにも行くな」と言われたハンビョル。

ドキドキしてしまい、テソンを寝かせたまま帰ることに。

 

翌日、朝からハンビョルの元にソグとスヒのデートスキャンダルが飛び込んでくる、事実確認をすると付き合っていることを認めた。

その頃、キプムもスヒョンの熱愛を撮ってこいと局長から怒鳴られていた。

 

夜、ハンビョルはキプムとホヨンとご飯。

ハンビョルは

「熱愛報道の対応が一番嫌い。勘繰るのが嫌なのよ。決定的写真の有無とか、ああだこうだとか。相思相愛でいいじゃない」と愚痴を漏らす、

キプムに

「私はソグの熱愛を逃したことで局長に怒鳴られたんだけど。スターフォースに親友が2人もいるのに」と言われる。

ハンビョルたちは何も言えず、話をごまかします。

 

キプムから「スヒョンの番記者になる」とハンビョルたちは聞かされる。

 

撮影をしていたテソンはジョンヨルに

「ハンビョルから連絡は?」と聞くものの

「ありません」と言われ、

「何かある時だけ来るんだな」とつぶやく。

 

翌日、ソグが映画から降ろされる。

ホヨンは「イメージは大暴落。映画はパーです。どうしましょう」とハンビョルに相談に行く、

「方法は1つね。入隊させればいいのよ」と言われ、

「もう除隊したんですよ」と。

ハンビョルは

「マメな男だから恋愛も得意なのかしら。3ヶ月家に閉じ込めておこうか。世間が忘れ去るんを願いつつ」、

ホヨンは「可能でしょうか?」と聞くと、

「姿を消したら忘れるわよ。キプム記者の手腕を祈ろう」と2人で願うことに。

 

スヒョクは事務所を訪れると、ハンビョルを見つけ

「ソグさんのことで検討することが。他にも用があってきました」と声をかけ、

「数日前、引っ越ししたんですが、お隣さんがテソンさんでした」と話す。

ハンビョルに「隣人には恵まれなかったみたいですね」と、

スヒョクは「テソンさんと親しいのでは?」と聞くと、

「いい気分だったのに、急に憂鬱になりました。引越しのお披露目パーティーは?」と聞き返す、

スヒョクは「そんなの…」と否定するが、

「人を呼ぶのが趣味で。広報チームの皆さんも招待します」と提案し、

「じゃあ、そのうち」とハンビョルに言われます。

その夜、テソンとスヒョクはエレベーターでばったり会う。

スヒョクは「ハンビョルさんと親しいんですか?」と聞くと、

「親しいですよ。すごく」と答え、

「そうですか。さっきまで一緒だったんです。おやすみなさい」と告げ、スヒョクは部屋に向かう。

 

ハンビョルはホヨンに、

「人生がつまらない。乾燥しきってる。ドキドキするようなことないかな」と愚痴る、

「チーム長はいい加減、恋愛してください」とホヨンに言われる。

 

ハンビョルは「したくてもできないのよ」と返す、

「今までドキドキしたことはないんですか?」と聞かれ、

ハンビョルはテソンのことを思い出すが、

「全然ないわ」と誤魔化す。

 

テソンは台詞を覚えていると

「男女が同じ空間にいれば付き合ってるに決まってるでしょう」

「なら、さっきまで一緒にいたから僕たちも付き合ってる?」と言うセリフを見て

「このセリフはなんだよ」と思わず、憤慨。

 

しかし、気になり寝れずにいたテソン。

「きっと仕事してたんだ。そうに決まってる。一緒にいたからって付き合ってるわけじゃない」と言い聞かせます。

 

翌日、寝不足のハンビョルが椅子で寝ていると、

テソンから「会社で随分とリラックスしてるんだな。俺は現場で大変なのに気楽でいいな」とメッセージが届く。

テソンとダヘの熱愛報道が出た。

冷麺を一緒に食べにきている写真であったが、テソンの姿らしきものが器に写っているだけであった。

しかも、テソンとダヘが2人ではなくスタッフみんなで食べに行った時の写真であることから

ハンビョルは「防犯カメラ映像を確認します」と理事に伝え、「事実だとしても絶対に否定しろ」と言われます。

ハンビョルはテソンに連絡し「付き合ってるの?」と聞くと

「知りたいか?」と聞き返され、

「熱愛報道の件はジョンヨルから聞いたわね。否定するけど事実確認をしなきゃ」と聞くと

「違う」と否定されます。

 

その答えを聞いたハンビョルは

「よかった。対応が楽になる。じゃあね」と電話を切ろうとする。

テソンに「おい、待て。お前、なんでこんなに事務的なんだ」と止められるものの

「仕事なんだから当たり前でしょ。切るわね」と電話を切ります。

 

防犯カメラの映像を確認すると、監督たちの姿もしっかり写っていたことで熱愛報道に否定。

 

翌日、ホヨンはシドクを連れて撮影現場へいく、

監督たちが「それが海外留学に行く彼女について行ったと」「急いで代役を探せ」と慌ていた。

「代役を探してください。慶尚道の方言を話せる俳優を」と電話しているのを聞いたホヨンは

「ここにいます」とシドクを推薦します。

そして急遽出演が決定!

 

翌日、「星たちの世界」のライブ放送がありハンビョルも現場に。

インタビューで「最近、恋愛したいスター1位に選ばれましたが、よろしければ理想のタイプをお聞きしても?」と聞かれると、

テソンは「友達みたいに気楽な人ですね。気があって一緒にいると揶揄いたくなるような」と答える。

 

その頃、ユソンはある人物を迎えに空港へ。

 

テソンが車内でアンケートを見ていると、ジョンヨルが電話がくるものの、すぐに切っていしまう。

テソンは「誰から?」と聞くと「彼女です」と答えられ、

驚き、「恋愛する時間があったのか?お前のどこがいいって?どこに惹かれたって?」と聞くと

「気になったそうです。起きたか、よく眠れたか。ご飯は食べたか、仕事は順調か、自分のことを考えてるか。テソンさんにもいるでしょ?」

と言われテソンは悩む。

 

家に帰ったテソンはハンビョルにメッセージを送ろうとするものの送れずにいた。

テソンは「まずい、ハンビョルが気になる」と気づきました。

その頃、ハンビョルはキプムと食事をし、

「やっぱり同業者との恋愛はやめておくべきね」と聞かされ「だから私は社内恋愛をしないのよ」と言います。

 

しかし「しないとできないは違う。会社の人に恋愛感情を持ったことはないの?ユソンさんもイケメンだし、顧問弁護士も人気でしょ?」と聞かれ、

「ユソンさんは戦友出し、先生は仕事仲間だわ」と答えると「そうやって線を引くから恋愛できないのよ」と言われてしまう。

 

ハンビョルは「同業者と乗れないはダメだと言ったよね」と言い返すものの

「あなたは経験すべきよ。国民的彼氏、コン・テソンもいるし。ドキドキしたことくらいあるでしょ」と聞かれ、

「ありえない。一度もないわ。恋愛感情があったら仕事にならない」とはっきりいいます。

 

その後、ハンビョルはドラマの初回放送をユソンたちと見るために事務所へ。

そこにいつもなら自宅で放送を見るはずのテソンもやってきます。

 

放送後、ハンビョルのもとに電話がきてハンビョルは、外に。

 

テソンも後を追いかけ、

ハンビョルに「初放送だからって緊張してるの?あなたらしくないわね」と言われ、

テソンは「緊張するわけないだろ。どうだった?」と言うと、

「記者の反応はいいわ」と言われ

「記者じゃなく、お前は?」と聞き返すと、

ハンビョルに「シンハはかっこよかった」と答えられる。

テソンは「じゃあ、俺は?」と聞く。

 

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 7話

流れ星7話あらすじネタバレ公開!

テソンはイ・ユヌのお墓参りに行き、

「誕生日おめでとう。そっちはどうだ?アフリカに行ってきたよ。お前によく似た子にも会って、無事に帰ってきた。そういえば、笑うと思うけど…」とテソン話しかけました。

テソンはユヌに、

「好きな人がいるんだ。お前に最初に知らせたくて。名前を聞いたら驚くな」とユヌの墓に話しかけると、

「何を驚くって?」と突然後ろにハンビョルが現れるのでした。

テソンは「なんでお前が?」と聞くと

「私の友達でもあるわ。驚くようなことなら私に先に言ってよ。大事になったら許さない」と言い、

テソンは「別になんでもないって」と誤魔化すのでした。

ハンビョルも、「ユヌ、誕生日おめでとう。月日が経つのは早いね。3人揃ったのも久しぶりね、会いたいな」と話しかけて3人の久しぶりの時や凄過ごします。

 

別日、シドクは初撮影へ。シドクは見事な演技が大好評。、

テソンは写真を見ながら

「なんでこんな写真しかないんだ。でも可愛いよな」とハンビョルとの空港での写真を見つめます。

そうすると車の中を覗こうとするハンビョル!

テソンはびっくりしますが、外から中が見えなかったことでなんとか見つからず済みました。

ハンビョルがユソンが肩を組むのをみたテソンは嫉妬し、ユソンに電話をかけ、「最近、俺に冷たくないか?」と突然言い放ちます。

さ 次にジョンヨルもハンビョルに近づこうとするのをみて、テソンはすぐにジョンヨルにも電話し、ハンビョルな近付くのを防ごうとします。

ジョンヨルに、「ハンビョルの周りになぜ男が群れてる」と聞くと

「やはりそうでしたか。気になるんですね」と聞き返され、

「とても気になる」と答えらテソン。

テソンはユソンに「こうやって肩を組むのは俺だけにして」と伝えます。

 

テソンは「告白の仕方」を検索しすると、「この顔なら成功する」と自分の写真と書き込みを見つける。

テソンはジョンヨルに「告白した経験はあるか?」と聞くと、

「ようやく、オ・チーム長に告白を?」と聞かれ、

テソンは「ああ。誰にも言ってないよな?」

ジョンヨルは「マネージャーには守秘義務があります」と言い、

テソンは「そうじゃなくて告白だよ」と聞く、

「告白は…」と口ごもられ、

「したことないのか?」とテソンが聞くと、

「はい、こう見えても需要がありまして。テソンさんこそ告白の経験は?」とジョンヨルは応え、

テソンも「まあ、俺も需要のある顔だから」と答えます。

 

 

テソンは、その夜、告白のタイミングについて検索し、

靴紐を結んだことがきっかけとうエピソードを目にし、翌日からハンビョルの靴ばかり気にし始めますが、

ハンビョルは靴紐付きの靴を全然はいてこないと諦めていると、ある日、

ハンビョルが靴紐のついた靴を履いてきました。


そして、ジョンヨルがハンビョルの靴紐を解くのに成功し、テソンはさりげなく、ハンビョルの靴紐を結びますが、

「両方の靴紐を結ぶつもりね。騙されないわ。だから紐付きを履けないの」とハンビョルに逃げられてしまいます。

 

テソンは色々告白の方法を試しますが、ハンビョルに警戒されてしまいます。

「ホヨン、可愛いな。片想いの人の名前を俳優につけるなんて」

ホユンは「それは違います」と否定しますが、

「私、恋愛には疎いけど、こういう勘は鋭いのよ、お見通しよ」

と言われ、

「はい、そうです」とホヨンはユソンが好きなことを認めました。

ハンビョルは「ユソンは恋愛には鈍感だからね。告白は?」と聞き、

ホヨンは、

「しません。このままで満足です。今は俳優のユソンに集中する時です」

と答えます。

 

その頃、シドクは、コンビニで外で飲んでいたおばさんに声をかけられお酒を飲まされてしまいます。

酒に酔ったシドクは公園に付くと自宅と勘違いして、服を脱いえでパンツ姿で筋トレを始めてしまいます。

そのまま寝ようと・・・。

ちょうどシドクにホヨンから電話がきて、

「今どこなの?」と聞かれたシドクは「家です」と答えますが、

家にはホヨンが訪ねてきて

「家にいないんだけど、どこなのよ」と・・・。

「家にいますって」と答えるシドクと、

ホヨンは「まさか酔っ払ってるの?周りに何が見える?」と聞くと

「滑り台」と答えられ、シドクの近くの公園で見つけます。

 

ホヨンはハンビョルに「トラブルです」と連絡。

「新人俳優カン・ユソン。酔って公園で」とパンツ1枚の写真がネットには拡散されていましたが、ハンビョルはすぐに対応。

 

テソンはハンビョルに手紙を書き始めました。

翌日、ハンビョルが酒を飲まされたシドクの写る防犯カメラの映像を投稿、炎上からシドクの応援の書き込みが増えていきます。

シドクとホヨンが広報チームのメンバーにお詫びと謝罪にきました。

ハンビョルは

「お酒の事故は今回限りよ。2度目はどんな言い訳も通用しないからね。これから直筆謝罪文を書かないとね」と。

 

事務所に、ハンビョルに手紙を渡そうとテソンがやってきました、ハンビョルがキプムと電話していると

キプムに「直筆謝罪文は完璧だったわ。飲酒天使と評判ね」と言われ、

ハンビョルが「私は直筆の手紙が一番嫌いなの。最初に手紙を思いついた人を探して殴りたい」と答え、テソンは手紙を破いて急いで隠します。

ハンビョルはテソンに気づき、

「朝っぱらから何の用よ。あなたも書きたいの?どいて」と怒られてしまいます。

 

会議では、シドクにパンツのCMが決まりみんなは大喜び。

会議後、ハンビョルはスヒョクから

「引越しのお披露目パーティーの件で」と話しかけられ、

ハンビョルは「本当に好きなんですね。気を遣わなくていいのに。チーム全員で伺います」と伝える。

 

夜、スヒョクの家に広報チームメンバーたちが先にお邪魔することに。

隣のテソンの自宅では、テソンがジョンヨルとハンビョルへの告白の練習をしていました。

テソンの自宅にテソンがCMを努める空気清浄機が届きます。

ジョンヨルの元に電話がきてジョンヨルは

「僕はこれで失礼します。急に呼ばれて。お隣の引越しパーティーに呼ばれました」と伝え、

テソンは

「広報チームと一緒に?お前は何で?」と聞くと、

ジョンヨルは「名誉広報チーム?」と応えてスヒョクの家へいきました。

 

ジョンヨルは引っ越しパーティーにいきますが、ハンビョルが現れず、パーティはなんか気まずい雰囲気に・・。

チャイムが鳴り、スヒョクは急いで出ると、空気清浄機を持ったテソンがたっていました。

テソンは

「餅を頂いたのにお礼がまだだった。それより何かあるんですか?パーティーとか」と、無理矢理スヒョクの家に上がり、食事をすることに。

そして、やっとハンビョルが到着しみんなで賑やかに食事をすることに。

「お題は現代は自己PRの時代。当たったら指を折ってください。自分の経験を言って、早く指を折った人の勝ちです」

と全員でゲームを始めました。・

 

しかし、テソンとスヒョクはお互いの自慢大会になりゲームにならず・・・

ハンビョルは

「やめましょう。ゲームなのに自慢話ばかりじゃない」と怒り、

スヒョクは

「今度は違うものでやりましょう。ボードゲームが趣味なので」とボードゲームを持ってきて始めることに。

ハンビョルは窓際から夜景を見ながらスヒョクに

「夜景が素晴らしいですね。毎日見られていいですね」と言うと、

「毎日見てると感動しません。ハンビョルさんと一緒だから今夜は特に綺麗です」とスヒョクはストレートに伝えます。

 

ハンビョルは

「とても素敵なお家ですね。自慢したくて私たちを呼んだとか?」と話を変え、

「人を招くのは苦手です。今回が初めてです。僕がこの時間まで仕事仲間と一緒にいるのは」と言われ、

ハンビョルは、

「もしかして、うちのチームに好きな人が。私ですか?」と質問し、

「気づいてくれたので、返事は待ちます」と言われてしまいます。

 

後日、ハンビョルはキプムたちと飲みながら、

キプムから「ト先生、どうする?」と言われ、

ホヨンにも「有能でリッチでハンサム。全部揃ってる」と言われ、

ハンビョルは「そうね」とそっけない態度。

 

キプムに「焦ったいな。私なら即付き合う。ときめいてドキドキしたんでしょ?」と聞かれ、

ハンビョルは「ドキドキはした。告白されたら当然でしょ?」と、

ホヨンから「何が問題なんです?」と聞かれ、

ハンビョルは、

「突然の告白でドキドキしたのか、好きだからなのかわからないの」と答えます。

その頃、テソンは自宅にユソンを呼び「僕に何か話があるんだろ」と聞かれ、

テソンは「ユソンさんは俺に隠し事はないよな。実は好きな人ができた。ユソンさんには言っておきたくて」と、

「ハンビョルか」とまかの当てられ、

テソンは「なぜわかった?」

ユソン「何年の付き合いだと思ってる」と二人の仲の良さがわかります。

 

テソンは「恋愛してもいいかな?」と聞き、

ユソンは、「もちろんだ。僕が何とかするよ」と言い、

テソンは「でも、告白しようとしたけど、失敗した」、

ユソンは、「彼女は鈍いからストレートに言わないと」とアドバイスします。

 

ユソンの携帯に着信がり、ユソンは慌てて、「悪い、もう帰るよ。そうだ、告白は早くしたほうがいい。ト先生が告白したそうだ」と言って、帰っていきます。

テソンはハンビョルに会いに行くために電話をすると、玄関の前からハンビョルの携帯の音が聞こえてきます。

玄関を開けるとハンビョルが目の前に。

テソンが「どうしてここに?」と聞くと

「勤務後になぜここに来させるかな。大事な書類だってユソンさんに頼まれたの。渡さないと大変だと言うから」とハンビョルは言い、

テソンは「ありがとう」とお礼を言います。

ハンビョルは「あり得ない。あなたからお礼を言われるなんて。じゃあね」と言って帰ろうします。

急にテソンが、

「待って。ハンビョル、お前、変わったことないか?俺はあるけど。俺はお前が好きだ」と告白!!

驚いたハンビョルは走って逃げて行ってしまいます。

テソンが突然告白したことに後悔していると、

チャイムが鳴り、テソンの家の前には・・・

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 8話

流れ星8話あらすじネタバレ公開!

 

テソンから突然の告白を受けたハンビョルは驚きそのままテソンの自宅から逃げるように帰宅。

テソンの自宅には母親シウが突然押しかけていた・・・。

シウは、

「久しぶりね。会いたかった」と抱きつくがテソンは離れ、何も言わずドアを閉めました。

テソンの家に向かいながらユソンはシウに電話し

「1人で会いに行くなんて。もう少し待ってください」と伝えます。

ユソンはテソンに「病院に行かなくて大丈夫そうか?」と心配します。

テソンは「ニュースになるから嫌だ。ただの風邪だから寝れば治るよ」

テソンはシウがある人の葬式に、授賞式で来なかった夢を見ていました。

 

テソンが翌日起きるとユソンが来ていました、

ユソンは「昨日、ウン・シウが」と話し始ますが、

「何ともないって。重要なのはそれじゃない。ハンビョルに告白した」とテソンは話を変えます。

 

ユソンは「そうか。返事は?」と聞き、

「逃げてった」と言われ、

「まさか、告白中に喧嘩したのか?」とユソンがきくと、

「違うよ。変わりはないか、って。また今度ちゃんと告白するつもりだ。昨日はあまりに無防備だった」とテソンは話します。

 

ユソンは、「そうか、健闘を祈るよ」と伝え、

テソンは、「もしかして、ユソンさんはハンビョルを異性として見てないよな。ユソンさんとはライバルになりたくない。隣の弁護士だけでもムカつくのに。好きにならない方がおかしいだろ」言うと、

ユソンは「絶対にあり得ない。僕は仕事仲間には恋愛感情を持たない」と否定しました。

「でも仲良さそうに肩を組んでた」とテソンはユソンに聞きますが、

「お前の尻拭いをしてる仲間への労いだよ」とユソンはいい、

「そうだよな。心配して損した」テソンは納得しました。

 

ハンビョルは出勤し、スヒョクと会い、

「おはようございます。理事から話があると。別件なので、緊張しなくても大丈夫」と声をかけられ、

ハンビョルは「別に緊張してません。コーヒーでも飲もうっと」と誤魔化します。

 

テソンは事務所でハンビョルとスヒョクが一緒にいる姿を見て、撮影の控室で落ち込んでいました。

「どうしたんですか?」テソンにジャンヨルが聞くと、

テソンは「告白し直すはずが、壁に話しかけてた。ト弁護士も告白したんだろ?なぜ自然に振る舞えるんだ」

ジョンヨルは、「会社で会ったんですか?」と聞かれ、

「会いに行ったけど、壁しか見てない。奴が告白した時は逃げなかったはずだ。悲鳴を上げながら逃げたんだ」と話し、

ジョンヨルに「なにかしたんですか?」「心当たりが多すぎる?」と聞かれ、

「ああ。悲鳴をあげるほど悪いことしたか?俺にはわからん」と答え、

「書き出しましょう」とジョンヨルに言われ、テソンのハンビョルへのイタズラを書き出しますが、かなりのイタズラの数。

 

ジョンヨルは「まだチャンスはあります。いい情報があるんです。共通点を探してみましょう」と言いつつも何も浮かばず、

 

その夜、ハンビョルはいキプムたちと飲みにいき、

「デートでもしてみなよ」と言われますが、「他にも何かあるでしょ」と聞かれますが、「別に何もない」とまた誤魔化します。

 

ハンビョルはテソンの撮影現場に向かい、テソンはダヘとのキスシーンを終え、移動中にハンビョルと会ってしまいます。

テソンは「見たか?キスシーン」と聞くと、

ハンビョルに「まあね」と言い、

「まさか、そのために来たのか?」と聞くと

「正気?後で記者たちに現場を公開するからよ」とハンビョルは言い、

テソンは「キスシーンは仕事だ。お前が報道資料を書くのと似たようなもんだ」とハンビョルに弁解します、

ハンビョルに「報道資料にキスの達人と書いとくわ」と言われ、

テソンは「そうか、ありがとう」と言い、

ハンビョルは、「ありがとう?」

テソン「そうじゃなくて、つまり、あの時は…」と話し始めますが、

広報チームが来て、「チーム長、ハン記者が来ました」と呼びに来て行ってしまいます。

テソンが帰ろうとすると、

過去に熱愛と噂されたハジンが、

「テソンじゃない。やっと会えた。元カノにちゃんと挨拶してよ」と声をかけてきました。

 

テソンは「元カノじゃないだろ」と言いますが、

「表向きはカップルでしょ。熱愛を認めたんだもの。広報チームの仕事が早くて驚いたわ」と言われてしまいます。

テソンは「認めたのは誰だ?」と聞くと

「あなたの事務所側よ」と言われるのでした。

 

テソンは昔、ハンビョルにハジンとの関係を聞かれ、

「付き合ってる」と言っていたことを思い出します。

その場に座り込んでしまいました。

ジョンヨルが駆け寄ってきて、

「どうしたんですか?」と聞かと、

「靴紐や醤油の問題じゃなかった」とテソンは気づくのでした。

 

テソンは「熱愛報道が出た。付き合ってることにするかと聞かれた時、ちょうど俺が大嫌いな野郎がハジンに片想いしてたんだ」と話すと、

ジョンヨルに「公式カップルでしたよね」と言われ、

「ビンゴ。表向きはそうだったが、個人的には会ってないし、デートもしてない。あの時付き合ってないと言うべきだった。俺は馬鹿野郎だった」と話しました。

 

ジョンヨルは「僕に言い訳しても無意味ですよ。過ぎたことですし」といい、

テソンは「過ぎたことだが、記事にしたのはハンビョルだ」と慌てます。

 

ハンビョルはテソンとハジンが会っているところを見ており、イライラ気になっていました。

 

翌日、ハンビョルは会議を出席しているとテソンから電話が来ますが、

「会議後、折り返します」とメッセージを送ります。

 

ハンビョルは会議後、電話をするか悩んでいると、

スヒョクから「先日の資料です」と資料を渡されます。

ハンビョルはその後スヒョクを追いかけ、

「告白の返事ですか?」と聞かれたハンビョルは「はい」と言うと、

「お断りします。今は聞きたくないので、お断りしたい。僕が聞きたい時に返事をください」とスヒョクに言われてしまいます。

 

スヒョクは、

「食事しませんか?本当は緊張してるし、返事も聞きたいところですが、あえて聞きませんでした。クールな男なふりは難しい。会社で気まずくなるのが嫌だったんですが、このまま他人行儀になるとは思ってません。なので一度、食事したいです」と食事に誘います。

 

その頃、テソンはハンビョルからの折り返しがなく悶々としていました。

テソンは「会議後、折り返す、と言うなら折り返せよ。社内売上トップの俺が電話したなら、速攻で折り返すのがチーム長の役目だろ」と言うと、

ジョンヨルは「また、かけてみては?」と言い、

テソンは「また出なかったらどうするんだ」と。

 

テソンはスヒョクとのゲームでの罰ゲームで階段で降りていると、スヒョクとすれ違い、

テソンは「あの、有意義な会議でしたか?」と聞き、

「業務上の質問ですか?僕をご存知ないようですが、6時以降は仕事をしない主義です。親友のハンビョルさんに聞いてみては?」と言われてしまいす。

「10年以上そばにいたハンビョルのことか。思い付かなかったな。電話してみるか」とテソンは電話をかけようとしますが、「充電切れだ。後で連絡しよう」と。

スヒョクはテソンの前でハンビョルに電話し、

「ハンビョルさん、食事する場所はメールで送っておきます」と告げました。

 

ハンビョルはキプムとテソンのドラマをその夜見ていました。

テソンのキスシーンを見て、

「彼のキスシーンを見てどう?」と聞かれ、

ハンビョルは「ドラマなんだから仕事でしょ」と答えます。

スヒョクから「ここで会いましょう」と食事のメッセージが届いていました。

 

再びメッセージがきて、ハンビョルはすぐに携帯を隠し、

「いいや、理事から」とキプムに言いますが、

キプムに「どうしてそんなに驚いたの?」と聞れ、

「遅い時間に仕事しろって」と誤魔化すのでした。

テソンからのメッセージには、「待ってるからな」とメッセージが届いていました。

流れ星独占配信中!全話無料見放題!

21万作品のうち19万作品が無料で見れる

↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑

 31日間無料トライアル600ポイントが貰えるよ!

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 9話

流れ星9話あらすじとネタバレ!

 

シドクの広告が初めて流れ、ホヨンはシドクと一緒に映像を見て喜んでいました。

シドクはそんなホヨンをみてドキドキ。

 

その後シドクはジェヒョンに

「誰かを見たときに心臓がドキドキするのって」と聞くと

「何でかって?好きだからに決まってる」と言われ、

ジェヒョンはユナとのキスを思い出し、

「いや不整脈だ」と言い換えます。

翌日、テソンは海外観光客と写真やサインをしていたとニュースになっていました。

ハンビョルは、広報メンバーに

「なんで夜中にスーツを着て映画を?」と聞かれ、

「それは個人的な事情よね」と答えます。

 

テソンが落ち込んでいると、

ジョンヨルに「なんでまた落ち込んでるんですか?出歩いて写真を撮られたんですか?」と聞かれ

「ハンビョルを待ってた」と答え、

「あんな人目につくところで。まさか公開プロポーズ?」と聞かれ、

「来たのはハンビョルではなく、海外の団体観光客だった。しかも俺のファンだ。ユソンさんが来なければ朝まで続いた」と話しました。

 

実はテソンに会いに行ったハンビョルはファンに囲まれているのを見て、ユソンに迎えに来てと頼んでいました。

 

ハンビョルはホヨンたちと飲みながら、ホヨンがユソンのことを好きになったきっかけを聞きます。

飲みにいったユソンに「その傷は」と手に傷を見つけられ、

ホヨンは「これくらいの傷、ほっとけば治ります」と言いますが、

ユソンはカバンから救急セットを出して、薬を塗り絆創膏を貼ってあげました。

 

そして、ハンビョルはギノンから

「弁護士とはどうした?」と聞かれ、

ホヨンから「そうだ、食事の約束はしました?」と聞かれ、

「ああ、それね。明日の夜になった」と答えます。

 

キプムから「一度食事をしてみれば大体のことはわかる。心が反応するの。この人を好きになるんだと直感が働くの」と言われます。

翌日、ハンビョルはスヒョクとの食事にいき、スヒョクは資料を取り出し、

ハンビョルは、

「お忙しいならもうお開きにしますか?」と聞くと、

「忙しくはありません。あなたにアピールすべきは経済力か能力か外見か。でも、あなたの気持ちを尊重したかった。次の会議で使う資料です。つまり、今日がデートなのか仕事なのか曖昧にしてます」と言われます。

ハンビョルは「先生、私は…」といい、

「後で断っても遅くない。前向きに検討中なら嬉しいけど。会社では以前のように接します。ときめかせたいけど、困らせたくはないから。それに僕は空に浮かぶ星ではなく、地に足をつけている人間です」と言わます。

帰り道、キプムから電話があり、

「話を聞いてあげる。今から行くわ」と連絡がきますが、

ハンビョルは疲れてしまい、

「今日は何も考えたくない」と答え電話を切ります。

 

ハンビョルは公園で1人でいるところにキプムが現れ、ハンビョルはキプムに話を聞いてもらうことに。

ハンビョルは「誰にも言ってない初恋の相手がいるの。人生最大の黒歴史よ」と話し、

「テソンね」と言われ、

「あなたは気づいてると思った。彼と一緒に過ごしてきて、私は彼を特別な存在だと思ってた。でも3年前に勘違いだと気づいたの。ハジンとの熱愛。全て私が対応した。大学時代に交際を噂された時、身元を晒されて、みんなに陰口を言われてとても大変だった。それも霞むくらい彼を好きだったみたい。芸能人に恋愛感情を抱くなんて話にならない。恥ずかしくて1人で悩んでた。でもテソンが私を好きだって」と話し、

「それで何が問題なの?」とキムプに聞かれ、

「3年間、どんな思いで過ごしてきたかわかる?彼は全ての乙女にとって理想の彼氏だと思い知った。あの星のような存在よ」と話していると、テソンから映画のチケットがメールで届きます。

ハンビョルは「また傷つくのが怖いの」と言いますが、

キプムに「他の人なら傷つかないとでも?相手が誰だろうと、恋をすれば傷つくものなの」と言われます。

テソンは1人映画館でハンビョルを待ちますが、結局ハンビョルは現れず、返事もありませんでした。

家に帰ると、ハンビョルからメッセージが届きます。

 

「もうやめて。家の前よ、開けて」

ハンビョルが家に入りテソンに

「何日も映画館を貸し切るなんてお金の無駄。なんで全席貸し切るのよ」と聞かれ、

「お前と2人で見たいから」と答えます。

「なんでそんなに馬鹿正直なの?」とテソンは聞かれ、

「正直でいたいから。好きだから」と言い、

「本気で私が好きなの?どれくらい?」とハンビョルに言われます。

 

テソンは「かっこよく告白したくて考えてたけど、頭が回らない。つまり、何を言ってるかわからないほど好きだ」と告白します。

ハンビョルは思わずキスをし恥ずかしくなり逃げようとしますが、テソンに止められ、

「もう逃げるな」言われ、2人はキス。

ジョンヨルがロケの迎えに訪ねてきます。

テソンは「1週間、地方ロケに行くんだった」と思い出し、

ハンビョルは「開けないで」と言いますが、

テソンに「3回押して出ないと入ってくるんだ」と言われ、

慌ててハンビョルはソファーの裏に隠れジョンヨルがはいってきます。

「テソンさん、顔が。今日も眠れないんですね。恋煩いで苦しんでるのにオ・チーム長はひどいです」と言われているのを聞き、笑みが溢れます。

 

テソンはハンビョルに「1週間だけ待ってて」と伝えロケへ。

 

翌日、ハンビョルはスヒョクに

「告白の返事はごめんなさいです。早く言うべきだったのにすみません。真剣に私のことを思ってくれて感謝してます」と伝えます。

スヒョクは、

「わかりました。とりあえず会議に。負けるとわかってたので、そんな顔しないでください。いつも通りで」と言いました。

ロケで離れ離れの時間に2人は電話で寂しさを埋めることに、慣れない二人は会話が続かず。

それでも2人は毎日電話をしていました、

撮影最終日の前日、テソンはハンビョルに会うために片道3時間かけて突然会いに行くことに。

サプライズで会いにきたテソンに喜ぶハンビョル。

テソンは会いたくて会いたくてハンビョルの元に。

テソンはネックレスを取り出し、ハンビョルにプレゼントします。

2人はキスをしようとするとジョンヨルから電話が。

テソンは「今どこですか?」と聞かれ、

「家に忘れ物をしてさ。すぐに戻るよ」と答え、別れを惜しみながら帰ってきました。

 

翌日、会議中に「テソンさんに熱愛報道が出てます」とメッセージがきたハンビョルは驚き、

内容は、「国民的俳優Aさんに新しい恋人ができた。お相手は芸能人級の外見に経済力抜群の弁護士Dさん。海外から帰国後、Aさんと同じマンションに入居。実に大胆な男性カップルだ」という内容でした。

スヒョクは驚き、

ハンビョルたちは「事実無根よ。ト先生は全員訴えるって。公式の立場を表明するわよ」と仕事を始めるのでした。

 

ジフンはシウが帰国したことを知り、過去にテソンにから

「一度しか言いません。あの人より、有名にしてください」と言われたことを思い出していました。

ジフンはユソンに「シウが帰国したのを知ってたのか?」と聞くと、

ユソンは話し始めると、

シウから「テソンの家の前にいるの。今日どうしても会いたくて」とメッセージがきたことに気づき、

ユソンは「戻ってから説明します」と言って、急いでテソンの家に向かいました。

その頃、シウはテソンの家を訪ね、無理矢理家に入っていまひた。

テソンは「ここがどこだと思ってる」と言いますが、

「母親が息子の家に来るのは普通でしょ」と言われ、

「母親?簡単に言うんだな。母親らしいことは何もしてない。もう帰ってくれ、キム・ボクスンさん」と帰らせようとします。

シウは「あなたに話があってきたの」と言いかけ、

家政婦のミョンヒが忘れ物をしと現れて、シウは以前会ったことを思い出し、髪を掴みます。

テソンはミョンヒを守ろうとすると、

ユソンが現れ、

テソンは「最悪だ、その人を追い出してくれ」とシウを追い出します。

 

スポンサーリンク

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 10話

ハンビョルはテソンに「大丈夫?」と聞きむすが、テソンは「ううん」と言い、ハグをします。大丈夫ではなさそうです。

ユソンは、その頃シウに

「約束しましたよね。これでは協力できません。家政婦さんにまで」

シウは、

「化けの皮を剥ぐわ。あの家政婦のことよ。彼女、単なる家政婦じゃないわ。数日前、百貨店で遭遇したけど、ものすごく無礼だった。限定品の時計を私に売ったと男性店員を蹴ったの。怪しいと感じたことは?」

ユソンに聞くのでした。

ユソンはミョンヒについて調べてみることに。

 

ハンビョルはテソンからシウについて

「あの人が家に来るのも耐えられないのに、クォンさんの髪を掴んだ」と話し、ハンビョルは、「大丈夫よ、心配しないで」とハグをします。

 

翌日、テソンはスヒョクと階段で会い、

スヒョクは「そうだ、オ・チーム長と幸せですか?」と聞くと、

「ええ、幸せです」と答えます。

スヒョクは、「熱愛報道の相手をこんな風に捨てるとは。今後はエレベーターを使わせてもらおう」と言い、エレベーターに乗ることに。

 

その夜、ハンビョルはいつものメンバーで飲んでいました。

ホヨンから「ト先生との食事はどうでした?」と聞かれ、

「いつの話よ。とっくに断ったわ。ホヨン、少しは私にも興味持ちなさいよ」とハンビョルは答えます。

 

そして家に帰ったらハンビョルはシウのことについて調べ、シウの出演作のポスターを見て昔を思い出していました。

昔、シウの映画を見に行った時にテソンを目撃し、テソンは泣いていたことを思いました。

 

翌日、ハンビョルは「撮影は順調かな」と撮影を心配していました。

翌日、ユソンはデスに会いクォンさんについて

「調べてくれたか?ジヌの母親と家政婦の関係だよ」と聞くと

デスは、「少し時間がかかりそうだ。海外にいるそうだ。何かあったのか?」と逆に聞かれてしまうのでした。

その後、ミョンヒからユソンに

「実は体調が悪くて、1週間休んでもいいかしら?ところで私に似た方がいるのかしら」と電話がくる。

ユソンは「勘違いですよ。気にせず休んでください」と伝える。

 

ハンビョルはネックレスを見ながら、ミョンヒが

「この有名ブランド」とすごい顔で見てきたことを思い出していると、

ミニョから「よほど大事なネックレスなのね」と話しかけられます。

 

ハンビョルは、「これどこのかわかります?」聞き、

ミニョはネックレスのロゴを見て

「有名ブランドじゃないですか。高かったでしょ?」と。

ハンビョルはミョンヒが何かおかしいと気づきます。

 

その後、ハンビョルはユソンに、「何か悩み事があるでしょ」聞き、

ユソン「まあね。テソンは?」

ハンビョル「なんで私に聞くのよ」

ユソン「じゃあ、誰に聞けばいい?清らかな交際で頼みますよ。油断できないやつだ」と言われ

ハンビョルは、「人のことが言えるの?あなたも罪な男ね。気づいてないか」とホヨンのことを思い出しながら話していました。

 

そして、ハンビョルは

「実は引っかかることがあって。クォンさんのことよ」と話し、ハンビョルとユソンは、ミョンヒの家にお見舞いに行きますが、その住所には全く違う夫婦が住んでいました。

「ミョンヒさんのお宅でしょうか?この方の住所がここになってて」と聞くと、

「この人ね。以前住んでた人よ」と言われ帰ることに。

実はその夫婦とミョンヒは繋がっていて、夫婦は連絡していました。

 

翌日、ユソンはデスから

「ジヌの母親に家政婦のことを聞いたよ。でも直接の知人じゃなく、ゴルフの集まりで知人から紹介されたらしい。その知人は江南一帯のマンション所有者なんだと」と聞きます。

ユソンは「その知人の名前は聞いたか?」

デス「なんだったかな。確かミョンヒだったかな」と。

 

会社にハンビョルと同じネックレスがハンビョルのチーム員宛に届き、

ハンビョルに、

「自分が特別だとでも?勘違いするな。お前はそのネックレスと同じ量産品だ」とメッセージが届きます。

 

ミョンヒはテソンの家に来ると

「お別れの挨拶に来たのよ。もう仕事にはうんざり。最後にハグしていい?」聞き、手さんの耳元で何かを囁きます。

 

帰り際、ミョンヒはユソンに会い、

「一体、なんの真似ですか?なぜこんなことを?経歴を詐称して」とユソンが聞くと、

ミョンヒは

「そんな目で見ないでよ。違法なことをしたみたいじゃない。お金持ちが家政婦をしてはダメ?シウを訴えないだけ感謝しなさい。私を誰だと思ってるの」

ユソンは、

「色々と楽しまれたようですが、僕のあだ名は温厚な狂信者です。テソンに何かあれば黙っていませんので」

と忠告します。

ユソンがテソンの家に行くとその場でテソンが座り込んでいました。

「大丈夫か?」とユソンが聞きますが、

「見間違いじゃないよな。全く理解できない。少し休むよ」テソンはショックが隠せない様子。

 

実は、ミョンヒは以前テソンにプレゼントを贈り、拒否され続けた腹いせに、テソンの家に家政婦として潜り込むことにしたのでした。

最後にミョンヒがテソンの耳元で言ったのは

「贈り物に目を向けたらよかったのに。塩辛いものを食べたら私を思い出して。これで私も特別な人になったわよね」

という言葉でした。

そしてハンビョルもきて、

「彼女が広報チームにネックレスを送ってきたの。しかも私と同じ物を。彼女おかしいわ」

ユソンは「他には何もないか?」と聞くと

ハンビョルは「大丈夫。まさかここに?」と聞き返し、

ユソンは、「ああ。特別な人間になりたくて塩辛くしたと。そばにいてやれ、僕はもう少し調査を」伝えて、

ユソンはスヒョクの元へいきます。

スヒョクから

「履歴書も拝見しましたが、詐称とは言えません。だからスマホも押収できない」と言われ、

ユソンは「彼女もわかってるようです。こちら側が法的措置は取れないと」

スヒョク「解決策とは言えませんが、接近禁止命令なら出せます」

「芸能人も怖いですね。知っているはずの人が赤の他人になる。怖いことだ」

ユソンは

「芸能人にブランド品を貢ぐことで有名な人でした。数年前、テソンに高級品を送ったのが彼女だと思います。まさか家政婦になりすますとは」

 

事務所に戻ったユソンは1人で酒を飲んでいました。

授賞式終わりのホヨンがユソンに気付き、

「1人で飲んでたんですか?」とホヨンが聞くと

ユソンは「今日はやけに飲みたくて」

ホヨンは「私と飲みませんか?今日は私の奢りで」

と意を消して誘うことに。

 

ホヨンは「何かあったんですか?」と聞くと

ユソンは「ただ悩みが多くて、猛烈に反省してる。マネージャーとしての資格があるのが自問中だ」

ホヨンは「そんなこと言わないでください。尊敬する先輩にそう言われたら悲しいです」

ユソンは「ありがとう。慰められたよ」と。

ホヨンは「慰めではなく、本当の気持ちです」と呟くのです。

ホヨンは「これからは頭を撫でないでください」と伝え、

ユソンは「ごめん、嫌だったよな」

ホヨンは「ときめくんです。先輩が好きです」と突然の告白。

そして慌ててホヨンは逃げて帰って行きました。

 

翌日、ジフンはシウと食事に。

「なんで勝手にテソンに会いに行った」とジフンは聞きます。

シウは「会いたいから」

ジフンは「なら言うことを聞け。テソンが迷惑してるぞ」

シウは「そうね。知っての通り、言葉と行動が一致しないの。癖を治すのは簡単じゃないわ」と。

ジフンは「君の初代マネージャーとして言うよ、テソンが君を受け入れるのには時間がかかる。無理かもしれない。だから焦ったらダメだ。写真でも撮られたらどうする。もし撮られたら黙ってないからな」と警告します。

 

その頃、テソンは目を覚ますと心配して付き添っていたハンビョルが横で寝ていました。

テソンが「本当にハンビョルだ。よかった、目を開けた瞬間にお前がいてくれて」と言い、ハンビョルはハグ。

テソンは「夢にユヌが出てきた。普段は全然出てこないのに。会いたいんだな」

 

そして、その頃、ユヌの墓には

「俺が復讐するから。テソンに」と呟く男が。

スポンサーリンク

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 11話

テソンがシウとの写真が「真夜中に密会」とネットニュースで話題になってしまいました。

ハンビョルはジフンにミョンヒを撮影者と疑い調査を進めることを伝えます。

そこに突然シウが現れてハンビョルは状況を整理することに大変。

ハンビョルは

「熱愛説は否定して、デマを流した人には法的措置を取ると伝えます」

ジフンも「それでいこう。間違ったことは言ってない」と。

 

ハンビョルが部屋から出ていくとジフンはシウに

「帰国した本当の理由は?君も驚いてここに来たんだろ?」と聞くと

「話があるのよ。手遅れになる前に」と。

 

ハンビョルはユソンに、「でもなんで帰国を?復帰するの?」と。

ユソンから「詳細は後で話すよ」と言われます。

 

ハンビョルは「何か理由があるってことね。防犯カメラは?」

ユソン「計画的なのか、運がいいのか死角で映ってなかった。出入りした人に確認したけど、クォンさんで間違いない。すぐに玄関を閉めたから他に写真はないはずだ。テソンのことが一番心配だ」

 

テソンは撮影に向かい、食事をしていました。

目の前にきた好物の貝スープが「塩辛い」とか聞き、ミョンヒのことを思い出してしまい、気分が悪くなります。

横にきたダヘが

「貝スープは好物でしたよね。食べないんですか?」と聞かれ、

テソンは「何か?」と聞き返します。

ダヘは、「人の好みって変わるものですよね。私も好みのチョコミントが嫌いになったり、ハワイアンピザが嫌な日もあるんです」

テソンは「ああ、そうだな。俺は先に失礼するよ」と1人楽屋に戻ります。

 

ジフンがテソンを心配して、差し入れを持ってきます。

ジフンは「お前を守ると言ったのを忘れてないよな。忘れるなよ」と伝えて帰り、

ソンも差し入れを持ってテソンの元に、

その後、ハンビョルもテソンに会いにきます。

 

その夜、ハンビョルとキプムが飲んでいると、ホヨンが落ち込んだ様子でやってきます。

ホヨンがユソンに告白したのを聞かされます。

ハンビョルは「長年、我慢してたのにそんな告白をしたの?」

ホヨン、「はい、なんであの時、勇気が出ちゃったのか」と

キプムも「彼とはその後会った?」

ホヨンは「はい、会社の駐車場で鉢合わせして逃げてきました。会社を辞めるべきですか?」と2人に相談。

ハンビョルは「まだ俳優の契約期間が残ってるでしょ。1人でも引き抜いて辞めなきゃ」とアドバイスします。

 

翌日、ハンビョルはミョンヒに会いにいきます。

ミョンヒに「何の用かしら?あなたとテソンの関係をばらすとでも?」と聞かれ、

ハンビョルは「いいえ、あなたはそんな人じゃない」と言うと、

ミョンヒに「よくわかってる。あなたは特別じゃないもの。熱が冷めればすぐ忘れちゃう」と言われますが、

ハンビョルは「無意味なことをされましたね」と送り付けられたネックレスを差し出して告げます。

ミョンヒは

「よくあるネックレスを送っただけなのに。もしかして同じ物だから?自分だけ特別だと思ってたの?勘違いしてない?長続きしない、飽きるから。あなたは彼にとってそんな存在よ。私は特別な思い出をあげたわ」

ハンビョルも

「何が大切なのかご存知ないようですね。大切な人に塩辛い物は食べさせない。彼の中のあなたは優しい人ではない。一生思い出したくない存在です。これがあなたの望む特別ですか?」と言い返し、

ミョンヒは「大切とか特別とか私が知らなきゃダメなの?」と

ハンビョルは「知る必要はないですね。一生無理でしょう。一生特別にとらわれて生きてください」

ミョンヒは「私からも。どうせ別れるから今を楽しみなさい」と言われてしまいます。

ミョンヒの言葉がひっかかるハンビョル。

テソンから「今から海を見に行こう」とハンビョルは誘われ、海までドライブしに。

テソンの車でハンビョルは

「仕事で疲れてるのに何で海に?」と聞くと、

テソン「今日は絶対にお前と海が見たいんだ」

ハンビョルは「人がいたら?」と聞きますが、

テソンは「大丈夫だ、俺を信じろ」と言います。

 

そして、海に着くと、そこにはライトアップされたテントが用意されていました。

ハンビョルは「何でこんなところに?」

テソン、「人もいないし、綺麗な場所だろ。映画の撮影できたことがあるんだ。好きな人が出来たら、連れてこようと思ってた。それが今日だ。頼もしい彼氏だろ」

と言いますが、ハンビョルの反応は少し暗い様子。

ハンビョルの様子を気にしてテソンは

「何かあったろ」聞き、

ハンビョルは

「実は今日クォンさんに会ってきた。彼女に言われたわ、テソンとはすぐ終わる。勘違いするな、と。だから私は彼女に、あなたは何が大切なのんか知らない、そう言ってやった。でも私も怖かったの。あなたはいつも大勢の人の中で輝いていて、私はそんなあなたのために働いてる。彼女の言う通り、勘違いなのかもしれないって」

とハンビョルはテソンに気持ちを全て正直に話しました。

 

テソンは

「初めて会った日を覚えてる?学校の課題で初めてあの人の映画を観た。嫉妬するくらい良い演技だった。席を立ちたくなるのを我慢してたら、あの人は息子の死に号泣してた。頭にきたよ、実の息子を捨てた人が泣くなんて嘘だと。すると、女の人が声をあげて泣いてたんだ。演技に感動して泣いたのかと珍しく自分から声をかけた。でもその人は成績が落ちて、三浪しそうで泣いてたらしい。むちゃくちゃ笑ったよ。その時からだと思う、好きになったのは。大学で会えたときはすごく嬉しかった。彼女の名前はハンビョル。おまけに職場も同じだった」

と出会った頃から好きだったことをしっかりハンビョルに伝えます。

ハンビョルが「じゃあ、何でいじめたのよ」聞くと

テソンは「好きな人には意地悪するってよく言うだろ。隣にいることが当たり前すぎて、気付くのが遅くなったけど、最初から最後までお前だ。絶対に変わらない、今もこれからも。だからこんな俺をずっと好きでいてほしい」

ハンビョルは頷きます。

 

後日、テソンの元に「テソン、アンチカフェ」の写真、事務所の入館証の写真、「お前を嫌う人間がいる。覚えておけ。優しい顔に騙されるな」とメッセージが送られてきます。

 

ホヨンはユソン呼ばれ、

ユソンから

「ユソンに届いた仕事だ。手違いで僕に届いた」と台本を渡されます。

「ここまでが仕事の話だ。ホヨン、悪かったな。君の告白に即答できるほど、まだ自分の気持ちがわからない。真剣に自分と向き合ってから返事をさせてくれ。だから逃げないでくれ、傷つくよ」

とユソンはホヨンに伝えました。

ホヨンは「これからは逃げません」と伝えます。

 

アンチからのメッセージを見たテソンは会社へ。

社員全員が怪しくて仕方ない中、ユソンの元へ。

ユソンに「何かあったんだな」聞かれ、

テソンは「それが、その…。こんなものが送られてきました」とメッセージと写真を見せます。

 

その帰り、マンションでテソンはスヒョクと会います。

テソンは「あなたもスターフォースの入館証を持ってますか?」と聞くと、

スヒョクは「これのことですか?」と入館証を見せます。

スヒョクの家に行ったテソンは

「俺のアンチですか?俺を嫌う理由は十分にあるし、会社の入館証も持ってる。引越しもしてきた。違いますか?」と聞くと

スヒョクは「アンチが自分から名乗り出るとでも?馬鹿馬鹿しい」と言われます。

帰り際、スヒョクは

「アンチは何を楽しむと思います?相手を不安にさせることです。入館証は偽装できます。僕も敵が多いんです。最近、僕のアンチカフェも出来ました。悩むより、ゆっくり寝てください」

とスヒョクはテソンを励まします。

 

翌日、ハンビョルとユソンは届いたメッセージについて調査。

ハンビョルに

「あれだけでは内部の者とは断定できない。偽装も難しくないし、辞めた人かもしれないわ。記者宛のメルアドもゾッとしない?スマイルボーイよ」と言われたユソンは

ミンギュのことが思い出し、「出かけてくる」と外出。

 

テソンの元には、ユソンとシウが歩いている写真が届きます。

すユソンから電話がきますが、テソンは電話を拒否します。

 

ミンギュの元についたユソンは

「おい、もう芝居はやめろ。なぜだ」と聞くと

ミンギュに「何であんな笑顔なんだよ」と。

 

メッセージが届いたテソンが自宅の外に出ると

記者たちからカメラを向けられてしまいます。

「シウさんとの熱愛は。彼女の離婚の理由はテソンさん?」

と聞かれ大量のフラッシュを浴びてその場に倒れてしまいます。

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 12話

テソンは記者に囲まれその場で倒れてしまいます。

ハンビョルがら駆け寄り、抱き抱え、

スヒョクも現れ、「モラルを守ってください。人が倒れてるんです」と記者たちを追い払います。

ジョンヨルの運転する車が目の前に現れます。

 

その頃、ユソンはミンギュに詰め寄り、

ミンギュは「僕が何かしましたか?芸能人を嫌うことは犯罪ですか?」と言われます。

 

テソンは病院に運ばれ過労と診断されました。

ハンビョルは「心理的な問題でしょうか?」と聞くと

医師は「可能性は高いですね。目が覚めたら精密検査をしましょう」と。

 

ハンビョルは「私は会社に戻るからテソンをお願い」とジョンヨルに伝え、今回の件について対応するために会社に戻ります。

広報チームはテソンの報道で大忙し。

「いつも笑顔だったあのミンギュさんだったの?怖いですね」と聞かれ、

ハンビョルは「世論はどう?」

広報チームメンバーが

「信じる人は少数でしたが、少しずつ変化してるようです。公式の立場を出すべきかと」と。

 

病院でテソンが目を覚ますと、隣にいたジョンヨルに

「すごく心配したんですよ」言われ、

テソンが、「ハンビョルは?」

ジョンヨル「先ほど会社に戻りました」と聞く。

 

スヒョクから「ミンギュさんは取り調べ中で、警察も迅速に動くかと」と聞かされ、ジフンも戻ってすぐに4者で会議。

ハンビョルは

「今の公式の立場では収拾がつかないかと。噂を否定しただけなので疑いが晴れなくて」と、

ジフンから「これを収束させるには?」と聞かれ、

ハンビョルは「シウさんとは親子だと発表するしかないと。でもそれは…」と答えます。

ジフンが「星たちの世界側は?」と聞くと

ユソンは「まずは見守ろうと言ってます。世論次第では降板の可能性も」と。

ハンビョルは「結局は世論が問題ですね。最善を尽くします」と答えます。

 

ユソンはシウに会い、事情を話します。

シウは、「帰国したのが間違いかしら。絶対に発表したいわ、お願いよ」

ユソンは「今は様子を見るべきかと」とシウを止めます。

 

シウに「きっと嫌がるわよね。でもあの子に迷惑はかけられないわ」

ユソンは「慎重に検討します。心配せずにもう少し待っていてください。テソンのためにも堪えてください」と伝えます。

 

診察が終わったハンビョルとテソン。

テソンは涙を流すハンビョルに「驚いただろ?」、

ハンビョル「すごく怖かった。本当に大丈夫?」

テソンは「当たり前だよ。ごめん、怖がらせちゃったな。こんなメールが来たんだ。驚いてぼんやりしたまま外に出たら、記者たちが集まってフラッシュが光って、目の前が真っ暗になった」と話し、

送られてきたユソンとシウの写真をハンビョルに見せます。

 

ハンビョルは「ユソンさんを信じられない?」と聞き、

「ううん。信じてる。事情があるはずだ」とテソンはユソンを信じようと頑張ります。

 

病院の帰り道、ジフンはシウに電話をすると

「約束をキャンセルする気?夕食を食べようと言ったでしょ」と言われたジフンはすぐにシウの家に向かいます。

ジフンは、「さっきの電話はなんだ。いい加減にしろ」と怒ると、

シウは「あなたは騙せないわね。私ね、記憶をどんどん失っていくの」と帰国の本当の理由を話します。、

 

ジフンは「だからユソンに連絡して帰国を?なんで俺に言わなかったんだ」と聞くと、

シウは「あなたはそういう顔をするでしょ。そんな顔されたら私は惨めな気分になる。世界一優秀な病院で治療を受けてる」と

ジフンは「じゃあ、なんで帰ってきた」

シウは「謝りたいの。母親らしくいられなかったこと、寂しい思いをさせたこと、私がその記憶さえも忘れてしまう前に」と答えるのでした。

 

テソンが高校生の頃、シウはテソンから「助けて」と電話があったのに離陸直前で降りれずに国外へ行ってしまったことを後悔していました。

ジフンは「実に君らしいな。本当に悲しいよ」と。

 

ユソンはスヒョクから「調査が終了し、彼は罰金刑になるかと。アンチカフェのことは知らないと供述しており、非公開サイトなので、他に方法を探します」と経過報告を聞きます。

 

その頃、またテソンの元に、ある赤い封筒が届いていましたた。

翌日、ハンビョルは出勤前にテソンの元にいき、

「記事の内容は心配しないで。すぐ解決するから」と伝え

「大丈夫、初めてじゃないし。事実でもないのに、心配してないよ。本当に大丈夫だ」とテソンに言われます。

 

そして回復したテソンが撮影に向かいますが撮影がキャンセルされてしまいます。

撮影現場では監督が「ラブコメの主人公が不倫だって?呆れるよな」

ユソンは「これはあんまりです」と反論していました。

ダヘも「テソン先輩が降板するなら私も降ります。せめて仕事仲間だけでも俳優を信じるべきでは?」

監督が「俺たちは信じてるけど、世間が」と言い、

ダヘは「世間は正しいと?数日の辛抱です。すぐに解決するはずです。私の出番を先に撮ってください」とテソンを信じようと投げかけます。

 

ネットでテソンについてありもしないデマが流れ続けていました。

「アフリカに行ったのは我が子に会うため」というデマまでも。

 

ハンビョルは「大衆は真実に興味がない。そのターゲットがテソンになっただけ」とユソンに話し、

ユソンも「奉仕活動は偽善行為だと言われてる。偽善で奉仕活動ができるか」と怒り。

 

ユソンは「僕たちにできることは2つしかない。シウさんとの関係を隠し通すか、公表するか」

ハンビョルは「そうね、どちらにせよ大ダメージよ。公表すれば俳優のテソンは無事だけど、テソン個人は傷つく」と。

ユソンは「広報チーム長としては?」と聞くと、

「公表する」と答えまず。

「じゃあ、ハンビョルとしては?」と聞くと、

目で訴えられます。

ユソンは「わかった。テソンと話してみよう」と伝えます。

 

テソンが自宅で頭を抱えているとユソンがやってきて親子だと公表する話をしてきます。

「あの人との関係を公表しないから?実の母親だと公表しなきゃダメか?それは俺の義務なのか?」とユソンにいい、「なんで返事しないんだよ。ユソンさんも公表した方がいいと?」とテソンが聞きます。

「苦しいと思うけど、そうすべきだ」と答え、

テソンは「苦しむのがわかってるのに?」と聞きますが、

ユソンは「よく聞いてくれ、潰れるのはお前だけじゃない。今までの僕たちの努力も一緒に潰れるんだ」と。

「そうだった、忘れてたよ。そうさ。ユソンさんも所詮マネージャーだ。このために帰国させたのか?」と怒るテソン。

 

ユソンは「そうじゃない。聞いてくれ」と言いますが、

テソンの怒りは収まらず「まさか、あの人のマネージャーに?俺を否定し続けた人だぞ。俺を利用して復帰か?華々しいことだな。どんな秘密も打ち明けた、誰よりも俺を知ってるのによくもそんなことが」とユソンを突っぱねます。

 

ユソンは事務所に戻り、落ち込んでいると

ホヨンに抱きしめられ、

「悩ませたいのじゃなく、慰めてるだけです。私を木だと思って寄りかかってください」と。

 

翌日、ハンビョルは広報チームが

「ところで気になってたんですけど、テソンさんとシウってどんな関係なんでしょう」

「そうね、私たちはきちんとした対応もできない。本当なのかと疑っちゃうわよね」

「私たちが知らない秘密があるとか?」

と話しているのを聞き、車に逃げ込みます。

 

ハンビョルに電話がきて、ハンビョルはシウの緊急記者会見へ臨むことに。

 

ハンビョルはミンギュに会い、

「なぜユヌを守ってやらなかった」と言われてしまいます。

ハンビョルは「そうね、だから私たちは傷ついた」と涙を流します。

流れ星独占配信中!全話無料見放題!

21万作品のうち19万作品が無料で見れる

↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑

 31日間無料トライアル600ポイントが貰えるよ!

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 13話

シウは緊急記者会見を開き、「今から私の昔話をお聞きください。それがご質問への回答となります。私は生まれた時から家族がおりません。施設で育ちました。成長していく中で女優が夢になりました。ある日、施設に奉仕活動で訪れた人と出会いました。私の人生であれほど愛に溢れた人はいません。やがて彼と結婚し子供を授かりました。その子供がコン・テソンです。子供が産まれて1年も経たずに夫はこの世を去りました。私を大事にしてくれていた彼の両親は新しい人生を生きなさいと励ましてくれました。そして私は子供を捨て、女優になりました。私は子供にとって母親が必要だった時期に彼のそばにいませんでした。私の身勝手から彼の存在を隠してきたからです。悲しい思いをさせ、傷つけてきました。謝罪するために帰国し、結果彼を苦しめてしまった。罪のないテソンが私のせいで苦しむことはあってはなりません。どうか、彼のことを暖かく見守ってください」

とこれまでのことを話し、これ以上テソンを傷つけないように話します。

 

テソンもネットでその会見を見ていました。

 

ハンビョルは会見に向かう前にテソンに

「何の非もないあなたへの誤解を解くのが私の仕事よ。あなたを守りたい」と話し、

テソンに「守る?俺か?それとも俳優のテソンか?別に頼んでない。俺のことだけを考えてくれ。俺の前じゃなく隣にいてほしい。お前だけは手を繋いでいてほしい。俺にはそれが必要だ」

と言われていたことを思い出していました。

 

翌日、テソンは撮影現場に行くと、

「おかえり。復帰おめでとう、テソン。俺は信じてたぞ」

と監督メンバーたちから歓迎を受けます。

テソンは

「そうですよね。感謝してます」

と挨拶をかわしますが、馬場だけの感じ。そして撮影に。

 

テソンはダヘに、「話があるんだ。数日間、撮影続きで大変だったよな。信じてくれてありがとう」

ダヘは「私が信じなくてどうしますか。同じ事務所でダブル主演じゃないですか」と叫びます。

 

ハンビョルはミニョから

「チーム長はシウさんが母親だと知ってたんですね。それにしてもなぜです?母親が伝説の大女優なら公表しても害はないのに」と聞かれ、

「人の苦しみは他人には計り知れないわ。本人にとっては世界が崩れるようなことかも知れない」と話していました。

「じゃあ、なぜ突然記者会見を?」と聞かれました。

実はキプムから「テソンが隠し子だと情報提供を受けた」と連絡を受けていたのでした。

 

ミニョと話していると話しているところにシウがやってきます。

テソンはジョンヨルから「オ・チーム長が緊急で記者会見をした理由ですが…」と会見の理由を聞きます。

 

ハンビョルはシウから帰国した理由を聞い悩んでいました。

 

テソンがちょうどやってきて、

「会いたかった。記者会見のことなぜ黙ってた?」と言われました。

ハンビョルは「言ったところで、決めたのは私だから」と答えると、

「他に方法がなかったのはわかってる。お前がそうした理由も。ごめん」とテソンはハンビョルに謝ります。

ハンビョル「私もごめんね。最善策があれで」と伝え2人はハグ。

 

ハンビョルは「今日知ったんだけど、私から伝えるべきだと思って。シウさんはね…」と今日聞いたシウの帰国の本当の理由テソンに話します。

テソンはユソンに電話し、「どこにいる?今から向かう」と聞くと

ユソンも「俺も向かってるところだ」と。

 

テソンは「この前はひどいことを言ったよね。あれは本心じゃない」とユソンに謝ります。

ユソンに「わかってるよ。悪かった、話すタイミングを逃してたんだ」

テソンは「いいよ、全部俺のためだろ。ユソンさんが帰国させたなら、それには理由があると思ったんだ。言い出せなかったはずだ。病気なんだろ?」

テソンは「今度はちゃんと話を聞くよ。俺が逃げ出さないようにユソンさんが連れてって」とユソンに頼みます。

 

翌日、シウは帰国の準備をしていました。

シウの元にユソンとテソンがやってきます。

シウはテソンになり、

シウは「人生の中で一番後悔してる日があるの。最も愛する人を傷つけたあの日。母親らしいことをしてこなかったくせに、息子に私の働いてる姿を見せたいと思ったの。息子を連れて映画祭に行ったわ。失敗したと思った。大勢の前で息子の存在を否定したから。初めてあなたが助けてと言ったあの日もあなたの元に行けなかった。近づけないから、周囲をうろつくばかりだった。あなたが俳優になって、私は韓国にいない方がいいいと思ったから、引退して韓国を去った。私は記憶を失っていくからしいの。このままあなたに何も言えなかったらどうしようと怖くなった。テソン、あなたは自分で思ってるほど一人ぼっちじゃなかった。伝えられなかったけど、あなたは愛されていた。手遅れになる前にそれを伝えたかったの」

と今までのことを謝り、全てのことを話します。

 

テソンは「もっと早く言ってくれよ。今までずっと寂しかった」

シウ「そうね、早く言えばよかった。話すのが下手なのに、よく芝居ができたものね」

テソンは「あなたも寂しかっただろ。俺も友達が死んだ日、そいつの元に行くことができなかった。それと同じ気持ちだったんだよな。でも、俺はすごく苦しんだからこれ以上は理解しない。それでも、ありがとう。話してくれて」

シウも「私の話を聞いてくれてありがとう」

2人は長年の思いを打ち明けてハグをします。

そしてシウは海外へと旅立っていきました。

 

翌日、ユソンはホヨンをご飯に誘います。

ホヨンは「最初からマネージャーが夢だったんですか?」と

ユソン「ああ。子供の頃からの夢だ。原石を発掘してスターにする。かっこいいだろ」

ホヨンが「じゃあ、最初から仕事をうまくこなせました?」と聞くと、

ユソンは「そんなわけないさ。人一倍仕事熱心だったけど。実は前の会社をクビになった」と今までの自分のことについて話してくれました。、

そして帰り道、ホヨンは「先輩、あのですね、忘れてください。告白したことです。私も先輩と一緒に仕事を続けていきたいです。私情は挟まず後輩として…」

ユソンから「嫌だよ。忘れたくない。ごめんよ、僕から先に伝えるべきだったのに。僕も君が好きだ」

とユソンからの突然の告白の返事。そして二人はハグ。

 

後日、ハンビョルは明日掲載ユヌの広告を見てユヌのことを思い出していました。

ハンビョルとテソンはユヌのお墓参りに行き、

テソンは「この通り、俺たち付き合ってるんだ」ユヌに伝えます。シウと仲直りしたことも報告。

ハンビョルは「そっちはどう?あなたがいないこの世界は相変わらず複雑よ。そして私たちは相変わらずあなたが恋しい」と話しかけます。

 

テソンが家に帰るとあの赤い手紙が「ユヌを殺したのはお前だ。忘れるな」と書いてありました。

それを見たテソンは、スヒョクの家へ。

お菓子の詰め合わせを持ってスヒョクの家に行き、

テソンが渡しながら「俺のせいで残業したそうですね。ありがとうございます」と伝え、

スヒョク「まあ、礼には及びません」と。

 

スヒョクは「他になにか御用でも?」と聞くと

テソンは「コーヒー」と言い家に上がることに。

 

スヒョクは「本題は何でしょう?」

テソンが「知ってる人が自分を死ぬほど嫌ってたら、どうしますか?」と聞くと

スヒョクは「無視するのが正解では?気になる人ですか?」と聞き返し、

テソンが「気がかりな人です」

「天国にいる友人のマネージャーだった人物です」

 

その頃、ギノンがアンチトークルームに

「テソンのせいで人が死んだ」と書き込みをしていました。

そこにジフンが「元気だったか?」と尋ねてきます。

ギノンは「命日だからって気を使うな」と。

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 14話

スヒョクに「天国の友人というのはイ・ユヌさんですか?」

テソンは「そうです」、ユヌとのことを思い出します。

テソンは「よく笑うやつでした。最初は気に食わなかった。荒れていた俺とは正反対でした。両親に愛情を注がれて育ったから明るいんだと思いました。でも、それは違うとすぐに気づきました」

ユヌは「バイト代は出た?生活費を送ってちょうだい」と家族から生活費をせがまれていました。

それを知ったテソンはユヌと次第に仲良くなりました。

 

テソンは赤い手紙について「初めて受け取ったのはアフリカ滞在中でした」

「ユヌを殺したのはお前だ、忘れるな」という手紙をスヒョクに見せ、

「変な手紙はよく届くので無視しました。でも帰国してからも届くんです」テソンはスヒョクに今までの赤い手紙について話します。

 

スヒョクは「なぜその人だと?」と、

テソン、「確認したんです、防犯カメラを見ました」、

スヒョクは「なぜ彼はあなたがユヌさんを殺したと?僕が知る限りの情報では彼は自ら…」と。

テソンは「そうですね。なぜなんでしょう」と。

 

ユヌの命日になり、ハンビョルもユヌのことを思い出します。

亡くなった日のことを思い出していました。

ユヌの葬儀場につき、抜け殻のようになっているギノンを見て、ハンビョルは自分が葬儀を取り繕うことにしました。

悲しみ泣き出しそうになりながらもハンビョルは記者の対応をしたのでした。

 

 

 

ユヌの命日の夜、ハンビョルはキプムたちとギノンの店に行くと、ユソンとデスか手伝いにきていました。

その頃、テソンの家にスヒョクがやってきて、「カフェラテを作りすぎちゃって」と尋ねてきます。

テソンは「彼に会いに行きます」と話し、

スヒョクは「1人で平気ですか?」と聞くと、

テソンは「一緒に行ってくれるとでも?」と。

結局2人は一緒にギノン店へ行くことに。

そして、結局全員がギノンの店に集まり飲み会をすることに。

気を使ったキプムとスヒョクは先に帰り飲み直すことに。

飲み直しながらスヒョクはキプムに「何かあったんですか?」と聞き、

キプムは「後悔はしない主義なんですが、この時期になると思い出すんです。ユヌです。彼のドラマ主演が決まって独占記事を書いたんです。その翌日に彼は旅立った」

と話します。

スヒョクは「彼の死に何か関連でも?むしろ好意的な記事なのに因果関係が成り立たない」

キプム「そうですね。その通りです。でもこう思うんです。もしかしたら、私の記事が彼の死の原因だったかもしれない。そんなことを」

スヒョクは「記事を書かなければ変わっていたと思いますか?違うとわかってますよね。あなたは自分の仕事をしたまでだ。だからもう後悔しなくていいんです」

とキプムを励まします。キプムはこられていた涙を流すのでした。

 

ギノンの店での飲み会では、テソンはハンビョルに「送るよ」と話し、家まで送り届けました。

ハンビョルは「2人で飲む?」と家に誘い、2人で飲見直しました。、

ハンビョルに「私たち、よく耐えてきたよね。実はたくさん自分のことを責めたの。あの時、風邪をひかずに電話に出てたらって」

テソンは「俺もだ。一番近くにいた俺がユヌのSOSを見逃したのかと思った。もう少し気遣ってやればよかった。たくさん後悔した、葬式にも行けなかったから」

ハンビョルに「それに耐え切れなくなってアフリカに行ったのね。あなたはアフリカに行き、私は何があっても電話に出る。一瞬で失ってしまうのが怖くて。理事はお金が原因だと思って収益に執着し始めた。グィノンさんは大好きな仕事をやめた。みんな口には出さず自分を責めた。だからより苦しんできた。でもね、ユヌが旅立っても彼の人生は悲しいものじゃない。ユヌは輝いて愛されてきた。大切な存在だった。だから楽しかったことを覚えておきたい」と。

テソンは「そうだな。俺たちは覚えておこう」とユヌのことを覚えておこうと話します。

 

翌日、テソンはギノン店に行くのでした。

その頃、ハンビョルは、テソンを脅した相手がギノンだと気付いたところでした。

 

そして、ギノンの店ではテソンが赤い封筒を見せて

「全部知ってるよ。ギノンさんだろ?」と聞きます。

 

ギノンは「そうだ、俺が送った。なんだよ、ユヌが死んだのはお前のせいだ。お前さえいなければユヌは死ななかった。お前の今の居場所は本来ユヌのものだ。友達だからとそばに置いてあいつを苦しめたんだ。間違ってるか?」

とテソンへ思っていたことをぶち当てます。

 

テソンは「そうだな。俺も自分を責めたよ。親友なのにユヌの苦しみに気づけなかったせいで旅立ったんだと。もう少し気遣っていたらと何万回も後悔した。アフリカに行って毎日必死に耐えてきた。それが唯一耐えるための方法だった。グィノンさんも同じだったはずだ。だから俺を憎んで恨むことで耐えられるなら俺が我慢する。それが正しい方法だと思ってきたけど、そうした後悔をしてるのは自分だけじゃない。ユヌを愛する人全てが同じだと気付いたから、後悔しながら傷のように思い出すとユヌが悲しむと思ったんだ。だから、もう自分を責めないで」と。

 

ギノンは「あの日、ユヌを見いださなかったら死なずに済んだのに」と。

テソンは「ユヌは幸せだと言ってた。グィノンさんのおかげで頑張って生きていけると。だからもういい加減ユヌを見送ってやろう」と。

 

そしてギノンだと知ったハンビョルは急いで店に行きますが、

店には「少しの間休みます」と張り紙が。

 

ギノンからハンビョルに

「俺のために店に通ってくれたんだよな。未熟な人間でごめん。テソンにも君にもきちんと謝罪するから、少し待ってて欲しい。行ってくるよ」とメッセージが来ていました。

 

そしてスヒョクから電話があり、

「グィノンさんが自首しました。アンチカフェの活動とテソンさんへの脅迫文も認めました。テソンさんはすでにご存知です。処罰は求めてないと」と。

 

後日、ハンビョルはジフンに仕事の報告をしていると

「テソンに恋人は?」と聞かれ動揺。

ハンビョルは「いるんですか?」と聞き返し、

ジフンは「撮影現場でスマホを手放さなかったらしい。恋人じゃないか?」と言われ、

「どうでしょうね。大事な連絡をしてたのかも」とハンビョルは取り繕います。

ジフンに「テソンに怪しい兆しを感じなかったか?」と聞かれますが、

ハンビョルは「私はそこまで親しくないので」と答えます。

ジフンは「テソンは単純だから1日観察してたらすぐわかる。もう行っていいぞ」と。

 

ハンビョルはテソンにジフンに気付かれないようにとメッセージを送ろうとすると、

後ろからテソンに抱きつかれてしまいます。

その様子をジフンに見られてしまいます。

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 15話

 

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ 最終回 16話

 

 

流れ星独占配信中!全話無料見放題!

21万作品のうち19万作品が無料で見れる

↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑

 31日間無料トライアル600ポイントが貰えるよ!

スポンサーリンク

流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト感想まとめ

 

韓国ドラマ流れ星の相関図とキャスト一覧はこちらになります。

流れ星は、製作会社がスタジオドラゴンということでも注目!

スタジオドラゴンは、愛の不時着など人気作品を多数製作しています。

流れ星のキャストなどを見てしっかりドラマキャストの予習をして見ると更に面白くなりますよ〜。

 

スポンサーリンク

流れ星 韓国 ドラマ 相関 図

流れ星キャストは、簡単に表すとこんな感じになっていました。

出演キャストは、最近の話題作に出ている方が多く、見たことある〜ってキャストもいるはずですよ〜!

流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト オ・ハンビョル役 | イ・ソンギョン

 

流れ星ヒロインは、イソンギョン。

スターフォースエンターの広報チーム長。

優れた危機対応能力と卓越した能力で広報、危機対応、コミュニケーションなど多方面で仕事ができます。

 

名前:イ・ソンギョン
職業:女優・モデル
誕生日:1990年8月10日生
身長:176cm
出演作品:ドクターキムサブ2、恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュなど
Instagram:@heybiblee

 

流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト コン・テソン役 | キム・ヨンデ

流れ星のもう1人の主役がキムヨンデ。

完璧な明るい笑顔で国民から愛されるトップスター。
でも実はかなり勝負欲があり。

名前:キム・ヨンデ
職業:俳優・モデル
誕生日:1996年3月2日生
身長:185cm
出演作品: ペントハウス、天気が良ければ伺います、偶然見つけたハルなど
Instagram:@youngdae0302

4月からNHKのハングル講座にも出演していますよねー!!

 

流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト カン・ユソン役 | ユン・ジョンフン

 

テソン親しいヒョン(兄貴)でもあり、マネージャーでもあるユソン。
紳士的な態度、スマートな仕事、なんでもこなすマネジメント第1チーム長。

名前:ユン・ジョンフン

職業:俳優

誕生日:1984年2月15日

身長:180cm

出演作品: その男の記憶法、ペントハウス、偶然見つけたハルなどInstagram:@yoonjongactor_official

 

スポンサーリンク

流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト ト・スヒョク役 | イ・ジョンシン(CNBLUE)

 

スターフォースエンターの顧問弁護士。迅速かつ合理的に正確な仕事をする。

名前:イ・ジョンシン
職業:俳優・歌手
誕生日:1991年9月15日
身長:188cm
出演作品: 猟奇的な彼女、シンデレラと4人の騎士〈ナイト〉など
Instagram:@leejungshin91
アイドルグループ「CNBLUE」でラップとベースを担当。

 

流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト  パク・ホヨン役 | キム・ユンへ

スターフォースエンターのチーム長でありマネージャー。
体育会系らしいまっすぐなホヨン。
名前:キム・ユンへ
職業:女優
誕生日:1991年9月15日
身長:168cm
出演作品: ヴィンチェンツォ、18アゲインなど
Instagram:@kimyoonhye_

流れ星 韓国 ドラマ 相関 図 キャスト チョ・キブン役 | パク・ソジン

ハンビョルの親友で芸能部記者。

物事をはっきりいう性格のようですね!

名前:ソジン
職業:女優
誕生日:1986年5月21日
身長:167cm
出演作品:ザ・キング
Instagram:@ssozi_sojin
Girl’s Dayの元メンバー。

流れ星 韓ドラ 配信!Netflixいつ?イソンギョン出演の話題ドラマ
流れ星 館ドラ 配信について、Netflix配信はいつ?ドラマを視聴できるサイトはあるの?日本放送予定など、流れ星を見る方法をまとめました。 また館ドラ流れ星のキャストも一緒に紹介! イソンギョンとキムヨンデが共演! 館ドラを...

流れ星独占配信中!全話無料見放題!

21万作品のうち19万作品が無料で見れる

↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑

 31日間無料トライアル600ポイントが貰えるよ!

スポンサーリンク

流れ星 韓国 ドラマ 配信まとめ

韓国ドラマ【流れ星】 配信情報についても紹介!

流れ星は、2022年4月22日(金)から韓国のtvNの金土の22時40分から放送されています。

日本での配信についてほ、U-NEXTからの独占配信になります。

流れ星 韓国ドラマ 感想口コミ評判は?キムヨンデとイソンギョンのケミ最高
流れ星 韓国ドラマ 感想口コミ評判についてお伝えします。流れ星キャストのキムヨンデとイソンギョンのケミ最高な今回のドラマ。 韓国ドラマといえばやはりラブコメ!王道ラブコメが見たい人におすすめのドラマになっています。 韓国ドラマを...

流れ星 韓国 ドラマ 配信!U-NEXT独占の無料見放題

 

U-NEXTで流れ星を独占見放題配信となり韓国放送との同時配信となります。

2022年4月22日(金)より毎週金土(配信時間は、24時10分か〜)配信される予定です。

日本語字幕付きで視聴可能ですよ!

U-NEXT無料トライアル

韓流ドラマを見るなら

 

U-NEXT

 

テレビでもパソコンでもスマホでもどこにいても見れる!!

 

通勤中に待ち合わせの合間に、いつでも見たい時に見れる!!

 

しかも最初の31日間は無料だよ!

 

無料トライアル登録をすれば見放題作品が31日間無料

↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑

最新映画も600ポイント分無料で見れます!

 

流れ星 韓国 ドラマ 配信!U-NEXTの特徴

 

流れ星が全話見放題となるU-NEXTとは?簡単に紹介します。

まず、U-NEXTは、初回登録から31日間無料トライアルのお試し期間がついてきます。

もちろんその31日間で流れ星か見放題となります。

また他の見放題作品ももちろん見放題です。

最新作はレンタル配信(個別課金)となるのですが、初回登録にもらえる600円分のポイントを使ってくださいね!

 

また、U-NEXTはオフライン再生機能もあるので、

事前にダウンロードしておけば、ネット通信を気にせずに視聴可能!

そしてアカウントもシェア可能なので家族、友人などとシェアができますよ。

 

 

U-NEXTのポイントは初回登録600円、2ヶ月目以降は毎月1200ポイントもらうことができまず、

このポイントについてU-NEXT内での有料コンテンツに使うか、ポイントを映画館の鑑賞券に交換することも可能です。

流れ星独占配信中!全話無料見放題!

21万作品のうち19万作品が無料で見れる

↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑

 31日間無料トライアル600ポイントが貰えるよ!

流れ星韓国ドラマあらすじ ネタバレ!キャスト相関図感想・配信まとめ

 

今回は2022年4月から始まった韓国ドラマ《流れ星  》のネタバレ あらすじ!キャスト相関図感想・配信情報をまとめてきました。

流れ星は、全16話予定となっています、。毎週金曜と土曜日に放送され、日本でも配信されています。

や日本での配信は、U-NEXTの独占配信となります。

U-NEXTは、新作2話以降は有料が多いのですが、

今回の流れ星については、配信日から既に見放題作品に入っているので無料お試し期間でも安心して全話視聴可能です。

是非U-NEXTは、無料お試し期間かわ31日間と長いので、流れ星の最終回配信に合わせて入会し、まとめて一気に見ちゃう!っとい方法もおすすめですろ〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました